寝たきりの人のベッドの天井に映し出せる「プロジェクションクロック」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

寝たきりの人のベッドの天井に映し出せる「プロジェクションクロック」

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年6月1日

 

お義父さんのお気に入り 天井にも映せる時計「プロジェクションクロック」

お義父さんのお気に入り 天井にも映せる時計「プロジェクションクロック」

 

もしもあなたが、病気とか怪我で体を動かせなくなってしまって、ベッドでずっと横になっていると想像してください。お昼間はまだ人にたずねることができるけれど、夜になると、いったい今何時なのかわからなくて不安になりますよね。時計は壁や柱にかかっているから、首も動かせないあなたには時計が見えないのです。そばに誰もいなくて、「今何時?」ときくためだけに人を呼ぶのも気兼ねで遠慮してしまう。でもやっぱり何時か知りたい・・・そんなときに便利な時計を紹介します。

 

2008年、転倒事故で脊髄損傷(せきずいそんしょう)をおった義父は要介護5、障害者手帳は1級でした。自宅介護が本人の希望と家族の願いでもありましたので、その後約7年間の介護生活が始まりました。全介助が必要な状態でしたので、夜に水が飲みたくなったら誰かを呼ばないと飲むことが出来ません。夜には何度か水分補給のために、呼ばれなくても数回は義父のところに行くのが長年の習慣でした。最初のうちは朝の3時に、最後の1年くらいは朝の1時に、「最終チェックです~!」と言って顔を出したものです。調子が良くてぐっすり眠っているときもありましたが、眠れなくて、あるいはのどが渇いていたりして、私が来るのを待ちかねていたこともありました。そんなときいつも、「今何時?」ときかれたものです。

 

天井を見上げて、「まだみどりさん、来ないかなあ。今何時かなあ」と思っている義父の気持ちを想像したとき、「天井に時計があったらいいんだ」と気がつきました。でも、普通の時計を天井に取り付けるのは大変です。そこで、見つけたのが、”プロジェクションクロック”です。通販サイトで見つけました。

 

本体からアナログ時計が映写される時計です。Plywood インテリア& 雑貨ショップホームページより

本体からアナログ時計が映写される時計です。Plywood インテリア& 雑貨ショップホームページより

 

義父のベッド横に本体をセットして、天井に時計を映してみたら、本当に嬉しそうに「これはいいなあ、よく見える。何時かすぐ分かるなあ」と言いました。夜寝る時には明るすぎて、眩しいんじゃないかと思いましたが、義父は「暗いのはかなわん、これくらいがいい。消さんといて」ということでした。真っ暗でも自分で電気をつけられない義父は、プロジェクションクロックの満月ような光に照らされている方が安心して眠れたのかもしれません。

 

プロジェクションクロックをつけて眠っている義父 2014年

プロジェクションクロックをつけて眠っている義父 2014年

 

自宅介護でしたので、家にはヘルパーさんや看護師さん、理学療法士さんや主治医の先生など、たくさんの方が出入りしました。みなさんに「初めて見ました。素敵ですね」とか「カッコいいなあ、僕もほしいな」と褒めてもらってご満悦だった義父。「みどりさんのホームラン」と言って喜んでいました。

 

この時計は本体も自由にいろんなところに置いて使います。本来なら時計を設置できない場所、例えば天井やドアや障子などにも時計を映し出せるというもので、インテリア雑貨に分類されています。通販だけでなくインテリアショップでも見かけました。介護用品ではありませんが、義父のような障がいをおった人や、しばらくは体を動かせない術後の患者さんなどにも喜ばれるのではないでしょうか。義父は入院したときにも、このプロジェクションクロックを持参していました。

 

Plywood インテリア& 雑貨ショップホームページより

Plywood インテリア& 雑貨ショップホームページより

 

 

通販で、約8000円前後で購入できます。「プロジェクションクロック」で検索してみてください。

 

 

<アイデアニュース関係記事>
24時間全介助が必要な父を在宅介護、家族が倒れないためのスケジュール
→ https://ideanews.jp/archives/5213
手を使わずに呼び出し音を出せます、息などに反応する「マルチケアコール」
→ https://ideanews.jp/archives/4557
手が不自由な人でも本のページをめくることができる…iPad活用法
→ https://ideanews.jp/archives/4303
寝たきりの人の介護が劇的にラクになる、自動体位変換エアマット
→ https://ideanews.jp/archives/4042
寝たきりの人のベッドの天井に映し出せる「プロジェクションクロック」
→ https://ideanews.jp/archives/3627
お義父さんの介護はエコノミカル ~安くて便利なグッズ紹介~(2)
→ https://ideanews.jp/archives/3084
お義父さんの介護はエコノミカル ~安くて便利なグッズ紹介~(1)
→ https://ideanews.jp/archives/3013
「超福祉展」レポート、「HAL®」などについて詳しくお伝えします
→ https://ideanews.jp/archives/13129

 
 

———————–

 

アイデアニュース有料会員向け【おまけ的小文】 「みどりさんのホームラン」(橋本正人)

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年2月掲載分
■ 2019年1月掲載分
■ 2018年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品