「まず、お客様との繋がりを作る」、玉置玲央『秘密の花園』インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「まず、お客様との繋がりを作る」、玉置玲央『秘密の花園』インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年1月4日

 

2018年1月13日(土)に開幕する「東京芸術劇場“RooTS シリーズ”第5弾『秘密の花園』」に出演する玉置玲央さんにインタビューしました。この作品は、1982年に下北沢・本多劇場のこけら落し公演に、唐十郎さんが書き下ろした作品です。唐さんをリスペクトし、本作の演出を切望していた劇団「ピチチ5(クインテット)」主宰の福原充則さんが演出に挑みます。キャバレーホステスの「いちよ」を寺島しのぶさんが、店の客の「アキヨシ」を柄本佑さんが、そして玉置玲央さんは“日暮里の王子様”の「かじか」を演じます。

 

玉置玲央さん=撮影・達花和月

玉置玲央さん=撮影・達花和月

 

 

――『秘密の花園』は、唐十郎さんが1982年の本多劇場のこけら落し公演に上演された作品です。当時の世相を現した描写も多い戯曲ですね。これまで唐さんの作品に触れられたことは?

 

この戯曲は以前に読んでいました。当時の描写については、そこは観てもらわないと。

 

――お稽古は着々と?

 

まだ稽古が始まってわずかなんですが、今日1幕を通しました。『秘密の花園』という戯曲は、82年の初演を観た方にとっては壮大な物語という印象があるそうなのですが、稽古開始の早い段階で通せるくらい実はシンプルな作品なんですよね。

 

――戯曲を読むと、台詞がポンポンポン!と矢継ぎ早に展開していて、会話の内容も流れで繋がっているようで繋がっていないような。問いかけに対する回答をストライクゾーンからわざと外して返してやりとりしているような印象を受けました。

 

それはわかります(笑)。そこをどこまで理由付けするのか、演じる分には、どこに「つもり」をもっているかだと思っていて、稽古場でも演出の福原(充則)さんと話すんですが、「熱量」があると突破できるのではないかと。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、「面白くない」と「共感出来ない」の違いなどについて語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。1月5日掲載予定のインタビュー「下」では、元々、演劇の裏方をやろうと思っていたという玉置さんが裏方を止めて俳優業をやるようになった経緯や、定期的に俳優向けのワークショップを開催されている理由などについて語って下さった内容を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■「点」を打っていくと、どこかでその「点」が一気にブワッと繋がる

 

■「面白くないや」と、「共有出来ないな」には、雲泥の差がある

 

■「日暮里の王子様」ね。長台詞もちょこちょこあってね

 

■キーワードはちゃんと伝わらないと、違和感になっていっちゃう

 

<東京芸術劇場“RooTS シリーズ”第5弾『秘密の花園』>
【東京公演】2018年1月13日(土)~2月4日(日) 東京芸術劇場 シアターイースト
公式ページ
http://www.geigeki.jp/performance/theater153/

 

<関連リンク>
ゴーチ・ブラザーズ
http://www.gorch-brothers.jp/modules/tinyd9/index.php?id=6
玉置玲央 「博愛日和」
http://hakuaibiyori.seesaa.net/s/
玉置玲央 Twitter
https://twitter.com/reo_tamaoki

 

秘密の花園 関連記事:

⇒すべて見る

 

玉置玲央 関連記事:

⇒すべて見る

 

※玉置玲央さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは1月18日(木)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

玉置玲央さん=撮影・達花和月

玉置玲央さん=撮影・達花和月

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. 遊観子 より:

    読んでいて何度も、うんうんうん、と納得したり、なるほど、そうか!と思ったり、と、たっぷり楽しませて頂きました。

    自分で戯曲を読んだ時点では、まだまだ点を繋げないまま沢山残してる気がしてますので、劇場でブワッと繋がって「おおおおおーっ!」となるのも楽しみに観に参ります(*^^*)

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.