「いろんな現場で得た知識を共有したら、楽しい」、玉置玲央インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「いろんな現場で得た知識を共有したら、楽しい」、玉置玲央インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年1月5日

 

2018年1月13日開幕の「東京芸術劇場“RooTS シリーズ”第5弾『秘密の花園』」に出演する玉置玲央さんインタビューの「下」です。アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、元々、演劇の裏方をやろうと思っていたという玉置さんが裏方を止めて俳優業をやるようになった経緯や、定期的に俳優向けのワークショップを開催されている理由などについて語って下さった内容を掲載しています。

 

玉置玲央さん=撮影・達花和月

玉置玲央さん=撮影・達花和月

 

 

――再演を繰り返した作品です。戯曲は同じでも、キャストやスタッフが違うという意味での「違い」を超えて、さらに違う何かが生まれる可能性があるのかなと思っています。

 

全然あると思います。

 

――これまでに『秘密の花園』を観たことがある方にも、新鮮に感じる部分があるのではないかなと。

 

僕が今32歳で、同世代が『秘密の花園』を知っているかといったら、読んだことも観たこともない人がかなりいるかもしれない。でも僕は70年代~90年代の戯曲に取り組ませていただく機会が多いので、以前から唐十郎作品に触れて、直接じゃないにしてもなんとなく知っていました。戯曲も読んだり、映像も観たこともありました。ただ全員が全員そうではないし(笑)。

 

――確かに。

 

自分と同年代で、唐十郎さんを知らない人も当然いるとは思うんですが、だったらじゃあ、なんの取っ掛かりでもいいから、この作品を観に来て、そこから「〝唐十郎〟っていうすごい人がいるんだ」って思ってもいいし。それこそ僕みたいに「〝唐十郎〟という人をなんか知ってるぞ」っていう人間が、そこを取っ掛かりに観に来て「やっぱ凄いんだな、〝唐十郎〟って人は!」と思ってもいいし。

 

――作品を知っている方だけでなく、知らない方も等しく客席にいらっしゃる状況、ですね。

 

東京芸術劇場が「RooTS」という企画で、福原さんに演出をお願いして、このキャストで上演する『秘密の花園』の、かつその中での僕の役割としては、やっぱり「こんな面白ぇ芝居あったんだぞ!!」っていうことを、少なくとも僕を観に来てくださる同世代には知ってもらえたら良いなって思っています。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、元々、演劇の裏方をやろうと思っていたという玉置さんが裏方を止めて俳優業をやるようになった経緯などについて語ってくださった、インタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■舞台と映像は、お客様の目に触れるのか、カメラで抜かれるかの違いでしかない

 

■お付き合いいただくための「場」として、ワークショップをやっています

 

■裏方業やっていたのが、裏方業と俳優業がだんだん需要が入れ替わって

 

■『秘密の花園』、敬意をもって取り組むのが、僕の中での今回のテーマです

 

<東京芸術劇場“RooTS シリーズ”第5弾『秘密の花園』>
【東京公演】2018年1月13日(土)~2月4日(日) 東京芸術劇場 シアターイースト
公式ページ
http://www.geigeki.jp/performance/theater153/

 

<関連リンク>
ゴーチ・ブラザーズ
http://www.gorch-brothers.jp/modules/tinyd9/index.php?id=6
玉置玲央 「博愛日和」
http://hakuaibiyori.seesaa.net/s/
玉置玲央 Twitter
https://twitter.com/reo_tamaoki

 

秘密の花園 関連記事:

⇒すべて見る

 

玉置玲央 関連記事:

⇒すべて見る

 

※玉置玲央さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは1月18日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

玉置玲央さん=撮影・達花和月

玉置玲央さん=撮影・達花和月

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. きりん より:

    玉置さんの記事読みたさに有料会員になりました。
    俳優になったキッカケやワークショップのお話まで聞くことが出来て大満足です…!
    私にとって初めての唐作品。作品や役どころはもちろんですが、玉置さんキッカケで未知なる素敵なものとの出会いが待ち受けていることにとてもワクワクしています。

  2. miq より:

    タイトルだけみると昔読んだお話のようですが、もっと迷宮のような戯曲なのでしょうか。
    どのような世界が劇場に現れるのか、玉置さんの表現も楽しみにしています。

  3. 遊観子 より:

    改めて記事を読み返して、自分に取って演劇は「新しい世界への扉」なんだなぁとしみじみ思っています。今回の玲央さん『秘密の花園』ご出演をきっかけに、紅テントに足を運んでみたり、唐さんの戯曲を幾つか読んでみたりして、その独特な世界の深さと狭さと繋がりと拡がりと…みたいな物の片鱗を感じられた様な気がしていて、それが今回どの様な形で私達の前に提示されるのか、とても楽しみにしております!

  4. 芍薬 より:

    玲央さんの作品や演じることへの向き合い方、改めて好きだなと思いました。
    裏方から俳優業への流れなども知れて良かったです。
    玲央さんきっかけで色んな作品を知れて世界が広がっています。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
■ 2017年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.