ジェントルスティム導入 嚥下食レシピも進化中 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

ジェントルスティム導入 嚥下食レシピも進化中

筆者: 松中みどり 更新日: 2018年3月14日

 

新しい情報を仕入れて在宅介護の態勢を進化させているEさん一家は、アイデアニュースではおなじみのご家族。嚥下障害があるお父さんのために、娘のSさんが今回導入したのが、干渉電流型低周波治療器「ジェントルスティム」です。

 

カレイド株式会社 製品紹介ページより

カレイド株式会社 製品紹介ページより

 

まだ一般に知られていない「ジェントルスティム」ですが、筋肉ではなく神経を電気的に刺激することで、嚥下反射を誘発する画期的な機器です。マイルドな痛みの少ない刺激で、サイズも手ごろで、使い方も簡単なため、在宅でも使いやすいシステムです。病院のリハビリテーション科などでようやく導入が始まったばかりの「ジェントルスティム」の情報を入手したSさんは、まずは試しに使ってみたいと考えました。

 

――試してみてどうでしたか?

 

「これまで父は、時間をかけて、かなり意識して “ごっくん” と飲み込んでました。それが、ジェントルスティムをリハビリに使ってから、とても滑らかに自然な感じで飲み込むようになったの。ジェントルスティムでリハビリをはじめてから、食べている時は嚥下反射もよく、素早くしっかりと飲み込めているみたいです。」

 

――すごい!いつもながら行動的ですね。

 

「早く試してみたくて、担当の方にお願いしてたら貸し出ししてくれました。新しい良いものが出たということを知ったら、試したいでしょ?やってみないと分からないもの。嚥下障害がある方には、おすすめのリハビリですよ。」

 

お雛祭りを意識した嚥下食=撮影・松中みどり

お雛祭りを意識した嚥下食=撮影・松中みどり

 

久しぶりにお訪ねした2018年3月2日は、月に2回の管理栄養士さんによる自宅訪問の日。喉頭癌で声帯を摘出したうえ、放射線の影響で食道がせまくなっているEさんの食事は原則3食とも家族の手作りで、管理栄養士さんが栄養指導をしているのです。雛祭り目前ということで、この日のメニューはピンク色、白、黄色、緑色を重ねた柔らかいお寿司風ご飯でした。Eさんのお連れ合いと管理栄養士の村田味菜子さんが台所に並んで、用意してある材料を使って嚥下食を仕上げていきました。出来上がりの柔らかさなどを村田さんが確認してからEさんに提供するので、安心です。もともと、食材や用途に応じてトロミ剤、ゲル化材を何種類も用意しているEさんのお宅ですが、メニューや、食材の特徴を生かして使いこなすのは、素人ではなかなか難しいわけです。トロミ剤、ゲル化材の使い方はもちろん、患者さん本人の好みや家族の意向をふまえ、食事の形態、量やバランスを考えて料理を作るのは、専門職である管理栄養士さんのアドバイスが必至。管理栄養士の自宅訪問という、言語聴覚士の訪問に比べてまたさらに珍しいサービスを利用することで、Eさんのための手作り嚥下食は、進化を続けています。

 

「チャレンジの毎日です。家族だけだと不安なこともあるけど、まわりにサポートして下さるチームがあるおかげで、新しい情報も手に入り、安心して暮せています。父のためにやれることはなんでもやろうと思っているの」と語るSさんでした。

 

 

<アイデアニュース関連サイト>
疲れていなかった頃の自分に戻れるクッション「p!nto」  ある家族の物語
目の当たりにした「管理栄養士による在宅訪問」の成果、オリーブオイルで体調改善
口から食べる楽しみを守りたい・愛情あふれるケーキが嚥下食レシピ大賞受賞!

 

<関連サイト>
カレイド株式会社ジェントルシステムHP
http://www.careido.co.jp/product.html
医療法人日翔会わたなべクリニックHP
http://nisshoukai.com/watanabe/
ナチュラルケアHP
http://natural-care.co.jp/

 

ここからはアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分です。嚥下食料理中の様子や、リハビリの様子を写真を中心に紹介します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■NST栄養サポートチームとの連携

 

■目にも美味しい食事を提供

 

■雛祭りのひし餅を意識

 

■食べることは生きること

 

介護 関連記事:

⇒すべて見る

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.