「ずーっとモテてて」「かっこつけなんです」、大野拓朗・白洲迅対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「ずーっとモテてて」「かっこつけなんです」、大野拓朗・白洲迅対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年5月8日

 

大野拓朗さんと白洲迅さんの合同インタビュー後半です。有料部分には、アイデアニュース独自のインタビューを掲載しています。

 

大野拓朗さんと白洲迅さん=撮影・岩村美佳

大野拓朗さんと白洲迅さん=撮影・岩村美佳

 

 

――お互いのクリスチャンの「こんなところがいいんだろうな」というところはありますか?

 

大野:迅は可愛いと思う。馬鹿明るいんですよ! 明るくて、スコーンとしている感じ(笑)。参考にしようと思うところが、特にそういうところで多いです。

 

白洲:逆に、拓朗くんは、本当に最初からぴったりだなと思っていて。ひょうきんなところやテンションの感じは、参考にさせてもらっている部分もたくさんあります。いい意味で、タイプの違うクリスチャンなのかなと感じています。

 

――逆に共通点を感じるところはありますか?

 

白洲:共通点? 共通点……まじめ?

 

大野:確かに! 2人でずっと、台本と睨めっこしながら書き込みしたりしているので。

 

白洲:昨日も、台本に本当にかじりついてました(笑)。

 

大野:本当に真摯にお芝居に取り組んでいるなと思います。

 

――小さいころはどんなお子さんでしたか? クリスチャンのような子だったとか、真面目な子だったとか、あるいはスポーツに明け暮れているような子だったとか。

 

大野:僕はずっと真面目でしたね。学級委員もやっていましたし、小学生のときに生徒会のこともやっていました。宿題を忘れていったこともないですし、成績もよかったですし、でも勉強はそんなに好きではなくて、部活ばかりやっていました。

 

――部活は、なにをされていたんですか?

 

大野:バスケです。ずっと男といるのが楽しいタイプでしたね。モテたいという気持ちがなくても、モテちゃってたし。

 

白洲:その話、散々聞いてるんですよ(笑)。

 

大野:本当、幼稚園のときからクラスの女子からチューされたり、小学生のときに同時に3人に告白されたり。

 

白洲:そっか、ふーん。

 

大野:高校のときは休み時間に、ひとだかりができてたり。

 

白洲:ふーん、すげぇ。僕はとにかくおとなしい子でした。いまもそうですが。

 

大野:そうなんだ。

 

――あまり目立つのは好きじゃなかったんですか?

 

白洲:目立つのは嫌いだけど好き(笑)。学校でも、いわゆる人気者のグループにはいたんですが、その中でも一歩引いて。

 

大野:かっこつけてるタイプ?(笑)。

 

白洲:そう(笑)。人前に立てと言われたら、「絶対に嫌だ」というタイプですね。

 

大野:学生時代、同じクラスだったら一緒のグループにいただろうな。僕は率先してやるタイプなので、中学のころは特に、とにかく目立ってナンボだと思っていたから。ただ笑わせたいとか、おもしろいことがしたいとか。

 

白洲:それを僕は「あいつ何やってんだよ、ばかじゃねぇの」って見てるタイプ(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、お2人の食べ物の好み、映像と舞台の違い、最近始めたことなどについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■大野:甘いもの食べる? 白洲:食べる! 大野:僕も超好き!

 

■大野:ストレートプレイは修行の場。ミュージカルは大好きな世界、趣味

 

■白洲:広い空間で自由に動くのは怖い。映像は制限された中で、違う技術

 

■大野:ピアノを始めて、弾き語りコンサートができるくらいになろうと

 

■白洲:特技がなくて。拓朗くんと被りますが、ギターを始めてみたり

 

■白洲:純粋さが成長していって、最後の見せ所、かっこよさに繋がれば

 

■大野:忘れかけていたものを、改めて発見できる作品になると思います

 

 

<シラノ・ド・ベルジュラック>
【東京公演】2018年5月15日(火)~5月30日(水) 日生劇場
http://www.tohostage.com/cyrano/
【兵庫公演】2018年6月8日(金)~6月10日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
http://www.umegei.com/schedule/713/
→兵庫県立芸術文化センターのページ

 

シラノ・ド・ベルジュラック 関連記事:

⇒すべて見る

 

大野拓朗 関連記事:

⇒すべて見る

 

白洲迅 関連記事:

⇒すべて見る

 

※大野拓朗さんと白洲迅さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月21日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

白洲迅さん=撮影・岩村美佳

白洲迅さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. このはな より:

    『シラノ・ド・ベルジュラック』に向けての2人のクリスチャンのインタビュー。
    とても写真が美しく、お二人とも素敵な衣裳がお似合いです。
    仲の良い感じが溢れていて、それぞれのクリスチャンという役への取り組み方や稽古現場での緊張感などが伝わってきて、とても読み応えがあり『シラノ・ド・ベルジュラック』という作品を観劇するのがとても楽しみになりました。
    素敵なインタビューをありがとうございました。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.