【動画】約700人が南北朝時代の装束で行進、神戸で「楠公武者行列」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

【動画】約700人が南北朝時代の装束で行進、神戸で「楠公武者行列」

筆者: 橋本正人 更新日: 2018年5月26日

 

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武者行列の姿を再現した「楠公武者行列」が、2018年5月26日(土)、神戸市内の湊川神社を出発し、市内を行進しました。当日の様子を、動画とスライドショーでご紹介します。

 

「楠公武者行列」で楠木正成公代をつとめた河内長野市長の島田智明さん=撮影・橋本正人

「楠公武者行列」で楠木正成公代をつとめた河内長野市長の島田智明さん=撮影・橋本正人

 

 

 

「楠公武者行列」は、今から685年前の西暦1333年(正慶2年・元弘3年)、隠岐に島流しにされていた後醍醐天皇が島から脱出し、都にのぼる途中、金剛山で鎌倉幕府軍と戦った楠木正成らを呼び寄せて神戸で合流。正成の先導で都入りした姿をたたえて開かれているもの。

 

5年ぶりの開催となる今年は、武者らの装束をまとった約700名が、馬にまたがるなどして行列に参加しました。

 

 

こちらは当日の様子を短い動画にまとめたものです。

 

 

 

午前の部で、楠木正成公代をつとめたのは、楠木正成をテーマとしたNHK大河ドラマの誘致を目指した活動を続けている河内長野市長の島田智明さん。正成の息子の楠木正行公代は、サンテレビアナウンサーで元AKB48の中村麻里子さん。正成の弟の楠木正季卿代は、元阪神タイガース・野球解説者の下柳剛さんがつとめました。

 

午後の部は、楠木正成公代が井戸敏三・兵庫県知事、楠木正行公代は東修平・四條畷市長、楠木正季卿代は玉田敏郎・神戸市副市長がつとめました。

 

 

こちらは「午前の部」の様子を約300枚の写真で構成したスライドショー動画です。

 

 

 

アイデアニュースでは、楠木正成と妻の久子を主人公にした連載動画小説『龍起伝 ~楠木正成と久子~』(全20話)を、2018年1月から5月まで連載しました。こちらで1話から10話まで無料でご覧いただけます。

 

<連載動画小説『龍起伝 ~楠木正成と久子~』(無料)>
https://www.youtube.com/playlist?list=PLL-Ul7KcEI4se7OsCngSmZT2kVaTyfwLk&disable_polymer=true

 

楠木正成と久子=画・anji56

楠木正成と久子=画・anji56

 

 

 

楠木正成 関連記事:

⇒すべて見る

 

大鎧 関連記事:

⇒すべて見る

 

<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年8月掲載分
■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.