「生きる希望というよりも、生きる使命ですよね」、松下洸平インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「生きる希望というよりも、生きる使命ですよね」、松下洸平インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年9月26日

 

2018年10月5日(金)に開幕する舞台『母と暮せば』に、母を残して志半ばにして原爆で命を落とした息子、浩二役で出演する松下洸平さんのインタビュー後半です。稽古場の様子や、共演する富田靖子さんについて、『木の上の軍隊』で伊江島を訪ねて今回は長崎を訪れての思いなどについて伺いました。

 

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

 

 

――映画では、お母さんの伸子が息子のことを諦める決心をしたのがきっかけになって浩二が現れますね。

 

お母さんはね、全然諦めてないです(笑)。いつまでも息子のことを思って、いつまでも悲しみの中にいる人ですね。

 

――それを見かねて、浩二は母親の前に?

 

そうですね。浩二という青年は、明るい子ではあると思うんですが、実は根っからのひょうきんな男の子ではないんです。けれどもやっぱり、そんな母の姿を見ているからこそ、3年ぶりに幽霊となって出てきたときに、お母さんにたくさん笑ってもらいたいし、たくさん元気になって欲しいから。もうきっとそれだけですよね、彼が自分に課した使命は。そして、母親の「助産婦を続ける」って言葉を聞きたくって3年ぶりに姿を現したんだと思うから。『父と暮せば』でも同じような、「わしゃ、恋の応援団長だ」って。

 

――ひとり生き残った娘を、お父さんの幽霊が応援しますね。

 

もちろん『父と暮せば』とは、全く別のものとして僕たちは創っていますけど、でもやっぱり共通して感じられるのは、“もういちど、いきてほしい”っていう思いですよね。そう、これがね、なんかこう、すごく難しいんですけど、「希望」ではないんですよ。

 

――生きる希望、ではない?

 

生きる希望ではない気がするんですよね。生きる希望っていうよりも、「いきていかなきゃいけないんだ、わたしは」っていう思い。明るい未来が待ってるから生きて欲しい、とか、なんか、そんな簡単なことではないような気がしていて。

 

――生にしがみついてでも、死ぬわけにはいかない、というような?

 

そう、長崎で死んだ数え切れない人たちの分まで、やっぱり生きて欲しいっていう思い。だからそれを、「希望」といってしまうと、なんか「よし、前向きに生きていくぞ!」っていう、自分だけで解決してしまう問題のような気がして。そうではなくて、多くの人たちの思いを背負って「いきていかなきゃいけないんだ、わたしは」っていうところで、もう一度立ち上がっていく母の姿を見せるのが、多分僕の役割なんじゃないかなと思っていて。まぁ、結果的にそれを「希望」ととらえる方も、もちろんいらっしゃると思うし、いろんな捉え方があっていいと思うんですけど、なんか「希望」というよりも、「使命」ですよね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、稽古場の様子や、共演する富田靖子さんについて、『木の上の軍隊』で伊江島を訪ねて今回は長崎を訪れての思いなどについて伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■家族をみんな失った母親が、希望を持って生きていくのは、容易いことではない

 

■今思い出した! 「栗兄」って言い出したの、柿澤(柿澤勇人さん)ですからね!

 

■このお母さんから生まれた浩二を大事に。富田さんの一言一言を聞き逃さないように

 

■作品をお客様にバトンとして渡したい。そのバトンをまた誰かに渡してもらって…

 

 

<こまつ座第124回公演・紀伊國屋書店提携『母と暮せば』>
【東京公演】2018年10月5日(金)~10月21日(日) 紀伊國屋ホール
【茨城公演】2018年10月27日(土) 水戸芸術館 ACM劇場
【岩手公演】2018年11月3日(土・祝) 花巻市文化会館
【滋賀公演】2018年11月17日(土) 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール
【千葉公演】2018年11月23日(金・祝) 市川市文化会館 小ホール
【愛知公演】2018年12月1日(土) 春日井市東部市民センター
【埼玉公演】2018年12月8日(土) 草加市文化会館
【兵庫公演】2018年12月11日(火) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

 

<関連サイト>
『母と暮せば』こまつ座
http://www.komatsuza.co.jp/program/
こまつ座 Twitter
https://twitter.com/komatsuza
こまつ座 FaceBook
https://www.facebook.com/komatsuza
松下洸平 OFFICIAL WEB
https://www.kouheiweb.com/
株式会社キューブ 松下洸平
http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/020.html

 

こまつ座 関連記事:

⇒すべて見る

 

松下洸平 関連記事:

⇒すべて見る

 

※松下洸平さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月25日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. numa より:

    木の上の軍隊を観てから松下さんのファンになりました。母と暮せばは、母の田舎が長崎で親戚も原爆で亡くなってますし、被曝した大叔母からも、当時の悲惨な状況等話を色々と聞いていたので、特別な思いがあります。心して観たいと思います。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.