「3年間浮遊し、母を見続けてきた目で」、『母と暮せば』松下洸平インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「3年間浮遊し、母を見続けてきた目で」、『母と暮せば』松下洸平インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年9月25日

 

山田洋次監督の映画『母と暮せば』をもとに、母と息子の二人芝居として舞台化される『母と暮せば』が、2018年10月5日(金)〜21日(日)まで東京・紀伊國屋ホール、ほか、茨城、岩手、滋賀、千葉、愛知、埼玉、兵庫の各地で上演されます。こまつ座「戦後“命”の三部作」のひとつとして、井上ひさしさんの原案を引き継いだ畑澤聖悟さん(劇団 渡辺源四郎商店)の脚本、栗山民也さん演出の本作へ、息子の浩二役として出演する松下洸平さんにインタビューし、作品と井上ひさしさんへの思いなどを伺いました。

 

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

 

 

――『母と暮せば』のお話がきたのは、『木の上の軍隊』の公演中だったそうですね。そのときのお気持ちはいかがでしたか?

 

いやもう、率直に言えば、僕でいいのかな?っていうところがまずありました(笑)。これだけ多くの方の思いが詰まった作品ですから。

 

――当時、映画版はご覧になっていましたか?

 

はい、もちろん映画は観ていました。井上麻矢さんからも『母と暮せば』を、いつか舞台化したいというお話はうかがったことはありましたし、でも、まさか僕のところにそうやってお話をいただくというのは、本当にちょっと衝撃でしたね、びっくりしました。『木の上の軍隊』の公演中に、井上ひさしさんの命日があって、終演後にお客さんを入れて、麻矢さんおひとりで『母と暮せば』の朗読劇を演られたことがあったんです。僕は、楽屋でずっとモニター越しに拝聴してたんですけど、それがとても素晴らしくて、終わって麻矢さんが楽屋に来られたときに、「麻矢さん、素晴らしかったです!」なんて言いながら、「ちょっと僕、浩二演りたいんですけど!」とか言ってたんですよ(笑)。

 

――「演りたい」と直接おっしゃった!

 

もちろん冗談で(笑)。後々こんなことになるとは思いもせずに、「麻矢さん、僕、浩二演りたいですよ!」みたいな話を、ちょっと冗談混じりで話したのはすごく覚えていて。で、麻矢さんが「え?!じゃあ、母役どうしよう?」っておっしゃるんで、「麻矢さんで良いじゃないですか!」って(笑)。そんな「もう、二人で演りましょうよ!」みたいに冗談で話をしていた頃には、実は栗山さんや麻矢さんの方では、『母と暮せば』の浩二を僕でいきたいっていう風にお話ししてくださってたみたいなので、今思えば麻矢さんが、「コイツは何か知っているのか?!」みたいな顔で僕を見られていたなって(笑)。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、松下洸平さんの井上ひさしさんへの思いや、今回の台本を受け取った時の印象、演出の栗山民也さんと話している内容などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。9月26日(水)掲載予定の「下」では、稽古場の様子や共演する富田靖子さんについて、『木の上の軍隊』で伊江島を訪ねて今回は長崎を訪れての思いなどについて語ってくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■必ず、稽古前、本番前、全部の公演が終わった後に、鎌倉の井上さんのお墓に

 

■台本を開くのに時間がかかって…。読むならちゃんと読まないといけないなと

 

■栗山さんが、よくおっしゃるんです。「怒りを持って演ってくれ」と

 

■浩二が出てきた一番の理由は、母に“もういちど、いきてほしい”っていう思い

 

 

<こまつ座第124回公演・紀伊國屋書店提携『母と暮せば』>
【東京公演】2018年10月5日(金)~10月21日(日) 紀伊國屋ホール
【茨城公演】2018年10月27日(土) 水戸芸術館 ACM劇場
【岩手公演】2018年11月3日(土・祝) 花巻市文化会館
【滋賀公演】2018年11月17日(土) 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール
【千葉公演】2018年11月23日(金・祝) 市川市文化会館 小ホール
【愛知公演】2018年12月1日(土) 春日井市東部市民センター
【埼玉公演】2018年12月8日(土) 草加市文化会館
【兵庫公演】2018年12月11日(火) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

 

<関連サイト>
『母と暮せば』こまつ座
http://www.komatsuza.co.jp/program/
こまつ座 Twitter
https://twitter.com/komatsuza
こまつ座 FaceBook
https://www.facebook.com/komatsuza
松下洸平 OFFICIAL WEB
https://www.kouheiweb.com/
株式会社キューブ 松下洸平
http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/020.html

 

こまつ座 関連記事:

⇒すべて見る

 

松下洸平 関連記事:

⇒すべて見る

 

※松下洸平さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月25日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

松下洸平さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. いおり より:

    色々な方々の想いの詰まった作品で、それわ真摯に向き合う松下さんの想い。意気込みも感じました。
    ますます舞台版「母と暮せば」を観に行くのが楽しみになりました。
    後半のインタビューも楽しみにしております。

  2. あーさ より:

    ワクワクしながら読ませていただきました。とても深く突っ込んだインタビューがまた楽しみを増やしてくれます。
    母と暮せば、観に行く予定です。
    さらにインタビューを読んでさらに期待が高まりました。

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.