「子供たちの純粋さが、間違えると恐ろしい展開に」、南沢奈央インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「子供たちの純粋さが、間違えると恐ろしい展開に」、南沢奈央インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2019年5月15日

 

思春期の子供たちの “生” と “性” をテーマにした、KAAT神奈川芸術劇場の “近現代戯曲シリーズ” の第2弾、ジャン・コクトー原作の『恐るべき子供たち』が、2019年5月18日(土)~2019年6月2日(日)に、KAAT神奈川芸術劇場・大スタジオで上演されます。エリザベート役の南沢奈央さんに、「かなりチャレンジな役」という役づくりについて、エリザベートの弟・ポール役の柾木玲弥さんとのエピソードについて、お話いただいたインタビューの後半です。

 

南沢奈央さん=撮影・伊藤華織

南沢奈央さん=撮影・伊藤華織

 

 

――エリザベートは、ある時から一転、「子供部屋」から「外」に出ようとしますね。モデルの仕事、そしてマイケルとの結婚と、急にポンポンっと。

 

そうなんですよ(笑)。あれはでも、弟への意地というか、姉ぶっている感じとか。

 

――度々ポールやジェラールにマウンティングかけるシーンがありましたね(笑)。

 

そうそう(笑)。「わたしがやんなきゃいけないのよ! あなたは何もできないでしょ!」っていう。だから、ちょっと試みてはいるんですよね。「外」に出ようっていう。でも、モデルの仕事がどうなったのかはわからないですけど、結婚は結局、思いがけない形でなくなってしまって、ただただ大きな城が残り(笑)。巨大な家で「子供たち」で、また暮らしていくっていう。

 

――結局、元の木阿弥になってしまうのですね。

 

外に出ようとしたけど、上手くいってない。でも結局、エリザベートも結構それを望んでたような気もするんですよね。

 

――エリザベートは自分たちの世界、「子供部屋」を頑なに守ろうとしますが、それでも、アガートやマイケル、「外」の人間を受け入れたりもしますね。そこは拒絶ではないところが少し意外で。寄る辺ない存在を受け入れる、そこに彼女の母性的な部分を感じるような、なかなかにエリザベートという少女は複雑で(笑)。

 

そうなんですよね(笑)。一筋縄でいかないです。マイケルとの会話も原作にはなくて、原作では、もっとあっさりとしていて、マイケルが死んでどう思ったのかも書かれていない。なので、あのシーンも結構幻想的で不思議なシーンで、そこを今、結構白井さんともお話していて、どうしていくか考えているところなんです。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、弟・ポール役の柾木玲弥さんについてのほか、映像、ラジオ、WEBなどのお仕事についても伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■「死」を子供たちがどう捉えているのかが重要、実は受け入れきれていないんです

 

■(弟役の柾木さんと)最初はお互い人見知り。今は、いじられても「なによ!」(笑)

 

■(映像、ラジオ、WEB…)切り替えるのに時間がかかります。でもどの仕事も本当に好き

 

■子供たちの純粋さや無垢が、方向を間違えて恐ろしい展開に。その変化を観て欲しい

 

 

<舞台『恐るべき子供たち』>
【神奈川公演】2019年5月18日(土)~2019年6月2日(日) KAAT神奈川芸術劇場
https://www.kaat.jp/d/osorubeki

 

<関連リンク>
KAAT神奈川芸術劇場 公式 Twitter
https://twitter.com/kaatjp
KAAT神奈川芸術劇場 公式 FaceBook
https://www.facebook.com/kaatkanagawa/
南沢奈央 OFFICIAL WEBSITE
http://www.naosway.net/
南沢奈央 Instagram
https://www.instagram.com/naominamisawa_official/

 

 

『恐るべき子供たち』 関連記事:

⇒すべて見る

 

南沢奈央 関連記事:

⇒すべて見る

 

※南沢奈央さんのサイン入り写真1枚を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月14日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

南沢奈央さん=撮影・伊藤華織

南沢奈央さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます


最近の記事

■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.