「最終的に、温かい気持ちに」、『ねじまき鳥クロニクル』成河インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「最終的に、温かい気持ちに」、『ねじまき鳥クロニクル』成河インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年9月26日

 

2020年2月上旬から東京芸術劇場プレイハウスで上演される、舞台『ねじまき鳥クロニクル』に出演する成河さんにインタビューしました。『ねじまき鳥クロニクル』は、村上春樹さんの代表的長編小説で、初の舞台化となります。演出・振付・美術を担当するのは、ミュージカル『100万回生きたねこ』や百鬼オペラ『羅生門』を手がけたイスラエルのインバル・ピントさん。共同演出と脚本は、演劇団体「マームとジプシー」を主宰する藤田貴大さん。そして音楽は、NHK『あまちゃん』『いだてん』など映像作品の音楽でも広く活躍する大友良英さんが担当します。出演は、成河さんの他、渡辺大知さん、門脇麦さん、大貫勇輔さん、徳永えりさん、松岡広大さん、成田亜佑美さん、さとうこうじさん、吹越 満さん、銀粉蝶さん。様々に活躍する多彩なキャストが揃いました。スチール撮影現場を訪ね、作品への思いを伺いました。

 

成河さん=撮影・岩村美佳

成河さん=撮影・岩村美佳

 

 

――今回この作品に出たいと思った、惹かれたポイントはなんですか?

 

『100万回生きたねこ』の再演に出演させていただいたときに、インバルさんと出会わせていただいて、それからはもう自分の時間さえ許せばインバルと作品が作りたいとずっと思い続けていたので、念願叶って、もう一度インバルと作品が作れる、参加させていただけると思い、もう無条件にやりますの返事でした。

 

――インバルさんと聞いて即答ですか?

 

もちろん! 僕にとっては本当に大切な人なので。ひとつには、コンテンポラリーダンスという種を植えていただいた最初の方なんです。どちらかというと、僕は日本の小劇場のなかでのフィジカル・シアターみたいな物を追いかけてきました。それを少し専門的に、表現の引き出しとしてコンテンポラリーダンスをキチッと一から仕込んでいただいた方。半年ぐらい勉強させていただいたので、種がその後もいろいろな、全然種類の違うお芝居をやる時も、何もかもに役に立っていますし、物を考える、すごく良い材料にもなりました。ずっと大事にしたい宝物のような方だと思っているので、ようやく、またご一緒できるという思いです。

 

――最近は言葉が中心となる芝居へのご出演が多かったので、身体を動かす作品は久しぶりかなと思うのですが。

 

そうですね。自分のなかでは、音声表現と身体表現という、大きく分けたらふたつあり、僕はどっちも混ざった状態で表現をしたいと思っています。でも混ぜるためには、それぞれにあるいろいろな専門的な材料をとにかく、ぼんやりとした色ではなくて、それぞれがくっきりした色の物が混ざる事で、ひとつ表現として強くなるんじゃないかという思いがあります。そのなかで、インバルと接して得た身体表現の役割がとても大きいです。今、たまに出させていただいているような、大型のミュージカルは歌唱表現です。大劇場での歌唱表現は、マイクを使った、いかにマイクと付き合うかですが、究極的な音声表現のような気がします。今回は身体表現をもう一度自分のなかで音声表現と出会わせる、とても良い機会を頂いたなと思います。インバルはとにかく、何でも喜んで食べてみたがってくれるので(笑)。

 

――いろいろな事に興味があるんですね。

 

そうです。インバルに関して言えば、もうご存知の、ファンのお客様も多いと思いますが、本当に彼女を見ていると、全部表現なんです。稽古場でずっと絵を描いているんです。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、村上春樹さんの長編小説『ねじまき鳥クロニクル』についてや、出演されたミュージカル『エリザベート』で経験したクリエイティビティについて語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。9月27日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、演劇やショー・ビジネスに関わるマーケティングが電子チケットがメジャーになってくる時代にどうなっていくか、都心部から離れた所にこそ演劇として健全な環境があるということなどについて話してくださったインタビューの後半の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■一番てっぺんに来るのは稽古場、作品作りの前に稽古場作りがある、だから“キッチン”ですよね

 

■心をざわつかせるような事が書かれていますが、着地点としてすごく優しいお話だなと

 

■クリエイションは、何ができあがるかわからない物を、お客様も含めて面白がれる物のはず

 

■何が起こるかわからないことを楽しんでほしい、思っていた物と違う物をまた楽しんでほしい

 

 

<『ねじまき鳥クロニクル』>
【東京公演】2020年2月11日(火・祝)~3月1日(日) 東京芸術劇場プレイハウス

公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/nejimaki2020/

 

<関連リンク>
成河-Jugem
http://web-dorama.jugem.jp
成河スタッフオフィシャルTwitter
https://twitter.com/tw_de_songha_sc

 

 

ねじまき鳥クロニクル 関連記事:

⇒すべて見る

 

成河 関連記事:

⇒すべて見る

 

※成河さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月26日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

成河さん=撮影・岩村美佳

成河さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録(月額450円)してログインすると、コメントを書き込めます

最近のコメント

  1. まるこ より:

    成河さんがインバルさんの作品への出演を待望されていたのと同じく、私も
    成河さんがインバルさんと一緒に作品を作られることを待ち望んでいました。発表されたときは、うれしくて、ガッツポーズ!いろんなめぐり会いから生まれる新しい物への期待。とにかく楽しみです。

  2. きゃさりん より:

    成河さんの言葉は本当に素敵ですね。
    どんな作品が作られるのか劇場に確かめに行きたいと思いました。

  3. あずな より:

    成河さんのインタビュー、とても興味深く読ませていただきました。以前一人会で、お芝居は鍋のようなものとおっしゃっていたのを思い出します。演出家、脚本家、役者、たくさんのスタッフさん、そして観客の私達も鍋の中でしっかり煮込まれて、どんな味になるのでしょう(*^▽^*)BLUE/ORANGEのお稽古の時、成河さんのブログに鉛筆と消しゴムの写真があがっていて、お芝居って本当に一から立ち上げていくものなのだと心打たれました。ジェットコースターの先にある物は何か?是非とも劇場でしかと確かめたいと思います。
    ついしん 漆黒の中に存在感のある成河さんのお写真、とてもクールでミステリアスで素敵です✨✨

  4. anju より:

    成河さんの舞台は、いつも楽しみです。観る方も、一筋縄ではいかない。覚悟が要ります。この舞台のちらしの、地面の顔の成河さんを見つけたとき、そう思いました。
    ちゃんとわかって帰ることができるのかな?大貫さんも出るので、楽しみです。
    この記事の成河さん、とても挑戦的で、カッコイイです!!

  5. てつ より:

    ノージャンルという言葉を初めて知りました。普段よりたくさんいろんなお稽古をされるとのこと、どんな舞台になるのかとてもワクワクしながら記事を読みました。
    続きもとても楽しみです。


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
■ 2019年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.