「最終的に頑張るしかない。どんな業界も一緒」、松田凌&鈴木勝吾対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「最終的に頑張るしかない。どんな業界も一緒」、松田凌&鈴木勝吾対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年4月12日

 

ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』にアンジェロ・ダ・カノッサ役で出演する松田凌さんと、ロベルト役で出演する鈴木勝吾さんにインタビューしました。「下」では、グランド・ミュージカルについてのとらえ方や、普段どんなことをどんな風に考えているか、などについて語ってくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。(このインタビューは、2020年3月中旬に実施したものです)

 

※編集部注:この作品は2020年4月13日(月)から5月11日(月)まで明治座での上演が予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で、全ての公演を中止することが4月8日に発表されました。作品の製作委員会は「事態が収束し、皆様がお楽しみいただけるような環境が整いましたら、改めて本公演をお届けしたいと考えております」としています(公式ページより)。

 

松田凌さん(左)と鈴木勝吾さん(右)=撮影・岩村美佳

松田凌さん(左)と鈴木勝吾さん(右)=撮影・岩村美佳

 

 

――舞台が終わった時に、どんな景色が見えたかを聞いてみたいですね。

 

鈴木:やはり挑戦者でいたいなと思います。最近読んだ漫画にも感化されていますが…(笑)。手を抜いたり、調節したり、背負って立つとか、そういうことではなく、「明治座? グランド・ミュージカル? なんぼのもんじゃい」みたいな。もちろん、そういう風には思っていませんが、そのぐらいの精神。僕たちがやってきたのはこういう事だから、それが通じるのかどうかという感じです。最近ボクシングをやっているのですが、自分の作ってきたパンチが、ここでどこまで届くのか、みたいな感覚は持っていますね。それを、本当に温かい先輩方のなかでやれるのはすごく幸せだなと思います。潰しには来ないから。

 

(現場爆笑)

 

鈴木:みんな、もう余裕なんですよ! 大人の人。

 

――確かに(笑)。

 

鈴木:よく漫画にある、裏で才能を潰してくるみたいなエグい先輩の潰し方とか、ないから。すごくみんなお茶目で、チャーミングな先輩方なので。

 

松田:ただ、舞台上で死んで生きられるかっていう話です。

 

鈴木:やはりここでしか生きる場所はない。

 

松田:うん、他に生きる場所はない。

 

鈴木:バチバチしたいですね。

 

――グランド・ミュージカルを主に観ていると、2.5次元ミュージカルなど若手の方々が活躍されているところから「誰が来るんだろう?」と待っているというか。上からみたいな言い方になってしまって申し訳ありませんが…。

 

鈴木・松田:いえいえ、全然!

 

松田:それはお客様の声だから、ありがたいですよ。考えていただけるだけでも。

 

――例えば『シークレット・ガーデン』のときに「松田さん、来た!」みたいな。自分の目を信じていれば「この人は絶対に来る」と思いますし、実際に来てくれるとすごく嬉しいです。ワクワクしますし、結果をどう残されるのかも、すごく楽しみ。

 

鈴木:釘パンチを(笑)。

 

――傷跡を残すんですね(笑)。

 

松田:今、若手の需要は増えてきていると思うんです。僕が今まで共演したなかにも、帝国劇場などで上演されるようなミュージカル作品、ドラマ、コアな会話劇や戯曲に出る子もいます。何かを見出されて出る人もいれば、お芝居以外の魅力で引き抜かれた人もいると思うのですが、どう見出してもらえるかとなると、一生懸命やるしかないんですよね。自分の魅力って、あまり自分ではわからない。客観的に見たりしますが、最終的に頑張るしかないんですよ。どんな業界も一緒だと思うんです…。一生懸命やること。

 

鈴木:最後はね。最後はそこですよ。

 

松田:考えることを諦めるわけじゃなくて。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『チェーザレ 破壊の創造者』についてのお話のほか、普段どんなことをどんな風に考えているか、などについて語ってくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。などインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■鈴木:凌が可愛くてしょうがない。ずっと好き。俳優としても人間としても

 

■松田:「考えたがり」なふたり。ひとりで考え出すと、宇宙まで行き着いちゃう

 

■鈴木:出会いは。切れない。切りたくないと思っているし。1回会えるのが奇跡

 

■松田:勝吾君はマルチな才能があるけれど、びっくりするぐらい不器用。人生に

 

■鈴木:期待して観に来てください、頑張ってそれを嘘じゃないようにします

 

■松田:終わって飲みに行った時、勝吾君が『チェーザレ』の歌を歌っていたら幸せです

 

 

<ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』>
【東京公演】2020年4月13日(月)~5月11日(月) 明治座 (この公演は中止になりました)
公式サイト
https://www.cesare-stage.com
公式ツイッター
https://twitter.com/cesare_stage

 

<関連リンク>
松田凌オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/matsuda-ryo/
松田凌キャストコーポレーション&オフィスメイ
https://cast-may.com/contents/cast_25.php
鈴木勝吾オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/shogo-suzuki/
鈴木勝吾プロフィール
http://www.hirata-office.jp/talent_profile/men/shogo_suzuki.html
鈴木勝吾Twitter
https://twitter.com/Shogo_Suzuki_

 

 

『チェーザレ 破壊の創造者』 関連記事:

⇒すべて見る

 

松田凌 関連記事:

⇒すべて見る

 

鈴木勝吾 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※松田凌さんと鈴木勝吾さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月11日(月)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

松田凌さん(左)と鈴木勝吾さん(右)=撮影・岩村美佳

松田凌さん(左)と鈴木勝吾さん(右)=撮影・岩村美佳

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 菖蒲 より:

    ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』鈴木勝吾さんと松田凌さんのインタビューありがとうございました。
    中川晃教さんと宮尾俊太郎さんのインタビューもあわせて読ませていただきました。
    明治座初のオケピット稼働。鈴木勝吾さんの初のグランドミュージカル出演。とても楽しみにしていました。残念です。
    しかし、公式ホームページには希望の言葉が書かれていました。事態の収束を今はただ祈るばかりです。

  2. まゆぅ より:

    公私ともに仲の良いお二人の対談、上•下合わせて感慨深く拝読しました。
    公演中止が残念でなりません、出来ることなら同キャストでまた公演の機会があることを切に願います。
    中止により形として殆ど残らない中、こうして記事として残ることがとても嬉しいです、ありがとうございました。

  3. ゆっきー☆ より:

    相思相愛なお二人の様子を存分に感じることのできる対談で、お二人のファンとして本当に幸せな気持ちになれました。
    先輩の勝吾くんがこのような気持ちを凌くんに伝えてくれるからこそ良い関係が続くんだろうなと思いました。
    お二人にとってチェーザレという作品がとても大きな意味を持つ作品であったことが伝わってきて、より中止が残念でなりません。
    今の状況が落ち着いた際に再びチェーザレの世界でお二人にお会いできることを願っています。
    「上」「下」を通して素敵な対談をありがとうございました。

  4. モモハル より:

    仲の良いお2人だからこその、お互いを掘り下げた楽しいお話をありがとうございました!グランドミュージカルへの取り組み方、そしてミュージカル界の先輩方への思いなど…お2人の率直な言葉を知る事が出来て、本当に嬉しかったです。
    公演が中止になってしまった事は、本当に残念至極ですが、その一端をこうして残して下さった事に感謝致します。

  5. かもねむ より:

    毎回、アイデアニュースさんの記事は、きちんとキモをおさえながらも、ぐいっと深い部分にも食い込んでいて、ちょっと違う切り込み方もあって、大変楽しく拝見しています。特にパーソナルな考えの部分など、役者の演技の基礎になってる部分がしれるのが楽しいです。
    是非次にお二人いずれかのインタビューがある場合は「聞き手(観客・応援団)」としてのもうお一方のご出席も実現してください(笑)

  6. リナ より:

    「明治座へお越しくださいませ」の締め括りに、ああ……行きたかった……となりました。
    度々笑いを起こすお茶目さも魅力的ですし、難しさや怖さも飾り立てずに言葉にされることも、それを前向きな力に変えていこうとする意志も、素敵に感じました。
    環境が整ってチェーザレが上演される時に、お二人がそこにいることを望みます!


最近の記事

■ 2020年8月掲載分
■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.