「芝居人生真ん中の作品」、『アルジャーノンに花束を』矢田悠祐インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「芝居人生真ん中の作品」、『アルジャーノンに花束を』矢田悠祐インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2020年10月8日

ダニエル・キイス原作、荻田浩一さん脚本・演出の、ミュージカル『アルジャーノンに花束を』が2020年10月15日(木)から11月1日(日)まで、博品館劇場で上演されます。2017年から主人公、チャーリィ・ゴードンを演じる矢田悠祐さんに、今回の再演についてお話いただきました。

矢田悠祐さん=撮影・NORI
矢田悠祐さん=撮影・NORI

――再演のお話を聞いたときのお気持ちは?

とても嬉しかったです。自分自身、好きな作品なので。今回劇場は変わりますが、作品の素晴らしさをすでに知ってるので、楽しみの方が大きかったです。

――矢田さんにとって『アルジャーノンに花束を』という作品は?

自分の芝居人生における真ん中にある、核になる作品だと思います。

――主演作品で再演は?

主演で再演というのは初めてですね。同じ作品で、僕が主演で、演出の荻田さんも同じですが、今回新しく参加する俳優の方もいらっしゃるので、楽しみです。

――脚本や演出は、前回から変化はありそうですか?

アリス・キニアン役の水夏希さんの新曲があったり、曲の変更もあります。今はこういう時期なので、他のカンパニーでも、公演時間を短くしたり、工夫をされていると聞きますが、「アルジャーノン」も、よりミニマムに、かつ分かりやすくという感じになっているんじゃないかなと思います。

――稽古はどんな感じで?

1から創っているという感覚です。荻田さんからは、前回と同じことをやると「違う」と言われたりします。

――前回と同じことをやると「違う」と。

求めてもらえるハードルが前回よりも結構上がっているんです。求められるものは高度になっているかなっていうのは感じます。

――前回は「1日にダメ出しが100個ぐらい」あってとおっしゃっていましたね。

ありました、前回は(笑)。今はとりあえず形を作ってる段階なので、そこまではないですけど、細かいところは細かく言っていただいています。まず自分で事前に創ってから、こういうのはどうかなって思ってやってみて、そこから修正していくという感じです。

――前回、特に印象深かったことはありますか?

初めての主演でしたから、一番最後のカーテンコールで真ん中に立つというのは初めてだったので、それが印象深くはあります。あとは、ただ必死だったなっていう記憶しかないですね。普通に役者やっていて、3年くらいかけて学ぶことを、一気にこの期間で詰め込んでいただいたというぐらい、色々勉強することがあったので、とても憶えています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、再びチャーリィ・ゴードンに向き合って気付いたことや、役と自分との距離などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。10月9日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、前回も共演された皆さんと再会されての想いや、コロナによる自粛期間中のインスタライブなどについても伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■目が覚めた瞬間から脳みそが活性化してて、通しができるくらい覚醒してました

■演出家の方からの本当に細かい注文や調整にチャレンジするのが面白い

■自分が変わってなくても、周りの見る目が変わったら、それは変わっている

■役で感じていることなのか、自分で感じることなのか、結構ごっちゃになる

<ミュージカル『アルジャーノンに花束を』>
【東京公演】2020年10月15日(木)~11月1日(日) 博品館劇場
公式サイト
https://music-g-h.com/stage/algernon/

<関連リンク>
『アルジャーノンに花束を』公式 Twitter
https://twitter.com/algernonmusical
矢田悠祐 Twitter
https://twitter.com/yusukeyata
矢田悠祐 Instagram
https://www.instagram.com/yatayusuke_official/
株式会社 SUI 矢田悠祐
https://www.sui-inc.net/yata-yusuke
SUIファンクラブ
https://fc-sui.net/
SUIチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/sui-channel

『アルジャーノンに花束を』 関連記事:

⇒すべて見る

矢田悠祐 関連記事:

⇒すべて見る


※矢田悠祐さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月8日(日)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

矢田悠祐さん=撮影・NORI
矢田悠祐さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. もこ より:

    インタビューから、矢田さんの『アルジャーノンに花束を』に対する意気込みと作品を本当に愛しているのだなと感じました。前回がとても大変だったのが伝わってきましたし、それを経て沢山進化するのだろうなと観劇するのがわくわくしています。稽古の段階からとても楽しんでいると思えたので、舞台上で今回はどんなチャーリィになるのか楽しみです。


最近の記事

■ 2020年10月掲載分
■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.