「インスタライブで生活にリズムができた」、矢田悠祐インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「インスタライブで生活にリズムができた」、矢田悠祐インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2020年10月9日

ダニエル・キイス原作、荻田浩一さん脚本・演出の、ミュージカル『アルジャーノンに花束を』が2020年10月15日(木)から11月1日(日)まで、博品館劇場で上演されます。主演の矢田悠祐さんに、作品について、自粛期間中にやっていたことなどについてお話をうかがいました。

矢田悠祐さん=撮影・NORI
矢田悠祐さん=撮影・NORI

――前回も共演された皆さんと再会されていかがでしたか?

もう「懐かしー!」って。歌稽古のときとか、「あったなぁこんな曲」とか言いながらやってましたね。1回演っているからかわからないですけど、台詞とか歌詞とかメチャクチャ覚えやすいです。

――すぐチャーリィが返ってきた感じですか?

そこが難しいところです。「たしかこうやってたなぁ」みたいな、形だけが残ってる部分があって、中身が伴ってないという事なんです。そこはもう1回詰め直していかないと。自分の中で「チャーリィ・ゴードンってこういう感じの人だった」というイメージが固まっている部分もあったので、それを更地にしてからという感じです。

――イメージが固まってしまうことがあるんですね。

だから取り戻していかないと、というところがあります。

――再構築する必要があるんですね。

論理的にここはこうだった、みたいなのばっかり覚えていてという風になりがちなので、気をつけないと。

――前回と変わらない産みの苦しみという感じですね。

結局、大変です(笑)。

――SNSで「命を削って」と発信されていましたね。

削れるでしょうね。あんまりそんな軽々しく言うもんじゃないですけど、なんにせよどこかしら削れるでしょう。消耗するだろうと思います。

――公演の合間はどうされているんですか?

こういう喉を使う作品のときは、極力しゃべらないです。前のアルジャーノンのときは、みんなと一緒の楽屋だったのですが、今回はソーシャル・ディスタンスというのもありますし、楽屋間の行き来はあまりできなそうなので、大人しくしてようと思います(笑)。使えば使うだけ喉減っちゃうので、吸入してます、たぶん。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、コロナによる自粛期間中のインスタライブや、自粛期間が空けて出演した『Defiled-ディファイルド-』などについても伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■自粛期間中はやりたかったことに使えていたかな。無駄にしたくないなって

■インスタライブはコメントが流れてくるので、リクエストを拾って、弾いて歌って

■リーディングは身振り手振りも無し。制約されて演る事が面白かった

■勇気を出して足を運んでくださったみなさんに、最高のエンターテイメントを

<ミュージカル『アルジャーノンに花束を』>
【東京公演】2020年10月15日(木)~11月1日(日) 博品館劇場
公式サイト
https://music-g-h.com/stage/algernon/

<関連リンク>
『アルジャーノンに花束を』公式 Twitter
https://twitter.com/algernonmusical
矢田悠祐 Twitter
https://twitter.com/yusukeyata
矢田悠祐 Instagram
https://www.instagram.com/yatayusuke_official/
株式会社 SUI 矢田悠祐
https://www.sui-inc.net/yata-yusuke
SUIファンクラブ
https://fc-sui.net/
SUIチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/sui-channel

『アルジャーノンに花束を』 関連記事:

⇒すべて見る

矢田悠祐 関連記事:

⇒すべて見る


※矢田悠祐さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月8日(日)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

矢田悠祐さん=撮影・NORI
矢田悠祐さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. もこ より:

    自粛期間中の事を知れてよかったです。インスタライブ、拝見させていただきましたが、色々な曲を弾いて歌ってくださるので、素敵な矢田さんを沢山見れて有難い期間でした。
    『アルジャーノンに花束を』は、公演回数も多いですし、チャーリィは大変な役だと思いますので、千秋楽まで無事に完走できることを祈っています。観劇が楽しみです。
    素敵なインタビューとお写真ありがとうございました。

  2. 有希 より:

    上下インタビュー読みました!
    前回もそうでしたが、しっかりと作品についてインタビューされてて読み応えありました!矢田さんの力強い意気込みを見て初日の観劇よりいっそう楽しみになりました。
    朗読劇のディファイルドについても中々お話を聞ける機会がなかったので少しでも触れてくれてて嬉しかったです。
    お写真もどれもかっこいいです!特に下インタビュー1枚目の窓を見てる横顔が素敵です〜!


最近の記事

■ 2020年10月掲載分
■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.