「一人の表現者としてコアな部分を失ってはいけない」、中井智彦インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「一人の表現者としてコアな部分を失ってはいけない」、中井智彦インタビュー(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年2月16日

2021年2月20日(土)に、渋谷 PLEASURE PLEASUREでコンサート『I Live Musical! 5』(ライブ配信あり)を開催する中井智彦さんのインタビュー、後編です。ミュージカルにおけるセリフと音楽の関係性についてや、先日まで出演されていた『Play a Life』にまつわるエピソード、観劇した『パレード』で受けた衝撃、ライフワークとして取り組まれている「中原中也」についての想いなどについて伺いました。

中井智彦さん=撮影・村岡侑紀
中井智彦さん=撮影・村岡侑紀

ーー先日までご出演されていた『Play a Life』は、いかがでしたか?

『Play a Life』のように、歌とセリフの境目がないような作品は面白いですね。ブラボー!ブラボー!と1曲1曲アリアをバンバン歌って拍手喝采、というミュージカルとは違って、『Play a Life』は拍手する隙がない作り方になっているんです。

ーーなかったです。

そういう作品の作り方って、僕すごく好きなんです。拍手を求めて歌があるのではなく、曲があっても途切れずにそのまま物語が進む。「そこに曲がある理由」が毎回ある。例えば夫が実習生に「出ていけよ」と言った後に「君はもう」って歌う時があるんですが、「歌うぞ」とか気持ちを切り替えているわけじゃないんです。実習生が部屋を出て行って、部屋に残った夫は改めて妻を「見る」。でも妻はもういないので当然「見えない」。そこで感じた夫の虚無感が湧き上がってくるので、自然と思いが歌になる。

ーー「そこに曲がある理由」が毎回ある。

そういえば、この前、僕『パレード』を観に行ったんですよね。あの作品では、あまりにも明るい曲の後ろで残酷なことが起きているというシーンでの音楽の使われ方に衝撃を受けました。セリフと音楽は表裏。

ーーセリフと音楽が表裏…。

『Play a Life』に「出て行けよ」っていうセリフがあったんですよ。さっきも例に出しましたけど。あれも、単純に「出て行けよ」って言っているだけじゃないんですよね。「壊さないでくれよ、俺の世界を」っていう気持ちが裏に込められているんです。ここが音楽になると、音楽がその裏の気持ちを音程で表してくれるんです。

『パレード』には、すごく明るい音色が鳴っていて、みんなが楽しく騒いでいる中、石丸幹二さんが演じられているユダヤ人のレオ・フランクが、トボトボ歩いているというシーンがあるんです。なんだこの明るさは。パレードなんてうるさいな、という彼の雰囲気と、音楽の明るさのコントラスト。そして、このレオの死刑が決まってみんなが喜ぶというシーンもあるのですが、ここも音楽によって、ものすごい明るさで表現されていたんですよ。ミュージカルで使われる音楽に芝居との相乗効果を感じました。

ミュージカルの音楽には、「単にいい曲」を作るのではない要素が入っているです。僕はそこに惹かれている気がしていますね。すごく時間をかけて作られていると思います。

※こちらは、2018年5月11日に開かれた中井智彦コンサート『I Live Musical!Ⅲ』の様子が収録された 「【ライブ映像】中井智彦I Live Musical!Ⅲ #1~#8 /ひとりミュージカル」動画です。

【ライブ映像】中井智彦I Live Musical!Ⅲ #1~#8 /ひとりミュージカル

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『I Live Musical!』についてのお話のほか、中井さんがライフワークとして取り組まれている「中原中也」についての想いなどについて伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■言葉になる前の世界は無限。字になることで他の人が読んで、宇宙が広がっていく

■中也の詩と詩の間は、自由に想像して演じればいい。これって、俳優の特権

■特攻隊員が、中也の詩をよく読んでいた。彼らが自我を求めた事実を忘れてはいけない

■大きい舞台に立たせていただきつつ、「個」として表現する場も作っていきたい

<中井智彦コンサート『​I Live Musical! 5​』>
【東京公演】2021年2月20日(土)16:45開場/17:30開演
会場:渋谷 PLEASURE PLEASURE
出演:中井智彦(Vo) スペシャルゲスト:岡幸二郎(Vo)
Band: 長濱司(key)/成尾憲治(g)/村上和駿(ds)/田中啓介(b) 
当日引換券:6,600円(ドリンク代600円別途)
公式サイト
https://udo.jp/concert/NakaiTomohiko
【ライブ配信】2021年2月20日(土)17:00開場/17:30開演
配信:PIA LIVE STREAM
視聴チケット:2,000円
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2169472

<関連リンク>
中井智彦 ブログ「歌日記」
https://www.nakaitomohiko.jp/contents/utanikki
中井智彦 公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC3CR-gXzHTThv5IgyHN2BWQ
中井智彦 オフィシャルウェブサイト
https://www.nakaitomohiko.jp/
中井智彦 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/NakaiTomohiko
中井智彦 Instagram
https://www.instagram.com/nakaitomohiko/
中井智彦 Facebookページ
https://www.facebook.com/nakaitomohiko.vma/

『I Live Musical!』 関連記事:

⇒すべて見る

中井智彦 関連記事:

⇒すべて見る

岡幸二郎 関連記事:

⇒すべて見る

『Play a Life』 関連記事:

⇒すべて見る

『パレード』 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★CD/私の歌を聴いてくれ/中井智彦/VMNTCD-1
価格:3056円(税込、送料無料) (2021/2/4時点)


※中井智彦さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月15日(月)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

中井智彦さん=撮影・村岡侑紀
中井智彦さん=撮影・村岡侑紀

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.