圧倒的な歌声が降臨、『ジーザス・クライスト・スーパースターinコンサート』ルポ | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

圧倒的な歌声が降臨、『ジーザス・クライスト・スーパースターinコンサート』ルポ

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年7月28日

イエス・キリストが十字架にかけられるまでの最期の7日間を描いた『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』が、2021年7月12日から7月27日まで東急シアターオーブで上演(22日から24日の5公演は中止)され、2021年7月31日(土)からは大阪のフェスティバルホールで8月1日(日)まで上演されます。ミュージカル界のスーパースターたちの圧倒的な歌声が降臨しているステージの様子を、舞台写真と独自テキストでお伝えします。

『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』舞台写真=撮影:渡部孝弘
『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』舞台写真=撮影:渡部孝弘

序曲の第一音が鳴り、エレキギターが物語の始まりを告げます。暗転した劇場にライトが点滅し、音楽は予想以上にロック。かつて行ったロックのライブの記憶が身体に蘇り、「ミュージカルを観る」「ミュージカルのコンサート版を聴く」という状態とは別のモードに切り替わるのを感じました。ライトの点滅が激しくなり、前が見えなくなり、点滅しながら細く長くクロスする光が混ざり、次第に光源や光線は輪郭を失い、一面の光となっていきました。

ステージ上には、鉄骨と思しき素材でできた骨組みのセット。キャストは、この骨組みの上に「居る」状態で登場します。中央の高い位置には、玉座に太々しく位置するヘロデ王。下手の上部にはローマ総督のピラト。上手の上部には、ユダヤ教の大司教であるアンナスとカヤパ。より地上に近い位置には、ジーザス、イオカステのユダ、マグダラのマリア、ペテロ、シモンが並ぶ。そして、地上には、このシーンでは群衆を表すと思われるアンサンブルキャストたち。

物理的な高さで、地位の上下が直感的に伝わってくるオープニングでした。時空を超えた俯瞰的な視点で、「人物をマッピングした静止画」のようだと感じました。オープニングの音楽と共に、1枚の絵が登場したような感覚です。あたかも、ロックな文体で描かれた聖書の表紙が音楽と共に開かれると、そこには視覚的に登場人物たちとその関係性が紹介されている絵があったかのような。

「マッピング」のイメージを抱いたのには、もう一点理由があったように思います。鉄骨の骨組みは、四角いスペースでそれぞれが区切られています。「立場」や「肩書き」という社会的なアイデンティティによって、自らそれぞれの「檻」に閉じ込められているかのようでもありました。彼らは、序曲を合図に動き出します。歌に乗せて、それぞれの思いを語り、ぶつけ合いながら物語は進みます。

歌といえば、高音から低音にわたる音域の広さもこの作品の聴きどころです。作品が進むにつれてセットの鉄骨がだんだん、パイプオルガンの金属のように見えてきました。まるでロックな音を奏でるパイプオルガン。ジーザス「ゲッセマネ」の高音シャウトから、カヤパの低音まで、作品全体としての音域の広さの中に身を置くことができるのです。歌声は、天高くから降り注ぎ、地深くから鳴り響き、そして真正面から時に閃光として、時に柔らかな光として届きます。歌の高低差により、時空間が広がったように感じました。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、キャストとキャラクターの魅力などについて詳しくレポートしたルポの全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

人として描かれながらも神々しさのある、マイケルのジーザス

魅力溢れる裏切り者、ラミンのユダ/心に語りかけてくる歌声、セリンダのマリア

叩きのめす高音攻め、アーロンのアンナス/忍び寄る低音攻め、カヤパの宮原

カウントで魅了、ロベールのピラト/ワンシーンで圧倒、藤岡のヘロデ王

ジーザスへの気持ち溢れる、テリーのペテロ/高揚感ある歌声に熱狂、柿澤のシモン

5万人もの群衆や十二使徒に変幻自在。10人のアンサンブルによる圧巻の臨場感

音楽のキャッチーさが示唆しているのは、ジーザスの求心力かもしれない

<『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』>
【プレビュー公演】2021年7月12日(月)~7月13日(火) 東急シアターオーブ(この公演は終了しています)
【東京公演】2021年7月15日(木)~7月27日(火) 東急シアターオーブ(7月22日から7月24日の5公演は中止)(この公演は終了しています)
【大阪公演】2021年7月31日(土)~8月1日(日) フェスティバルホール
公式サイト
https://theatre-orb.com/lineup/21_jcs/

<出演>
ジーザス・クライスト … マイケル・K・リー
イスカリオテのユダ … ラミン・カリムルー
マグダラのマリア … セリンダ・シューンマッカー
ヘロデ王 … 藤岡正明
カヤパ … 宮原浩暢(LE VELVETS)
ペテロ … テリー・リアン
ピラト … ロベール・マリアン
シモン … 柿澤勇人
アンナス … アーロン・ウォルポール

<スタッフなど>
演出・ステージング:マーク・スチュアート
音楽監督:八幡茂 美術:岩本三玲
照明デザイン:磯川敬徳 音響デザイン:山本祐介 舞台監督:黒澤一臣
企画・制作・招聘:Bunkamura

『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』 関連記事:

⇒すべて見る

ラミン・カリムルー 関連記事:

⇒すべて見る

藤岡正明 関連記事:

⇒すべて見る

宮原浩暢 関連記事:

⇒すべて見る

テリー・リアン 関連記事:

⇒すべて見る

柿澤勇人 関連記事:

⇒すべて見る


『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』舞台写真=撮影:渡部孝弘
『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』舞台写真=撮影:渡部孝弘

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.