「『黒執事』に出ていた自分は、もう別人」、『ヴェラキッカ』、松下優也(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「『黒執事』に出ていた自分は、もう別人」、『ヴェラキッカ』、松下優也(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年1月15日

ミュージカル『ヴェラキッカ』が、2022年1月15日(土)から1月23日(日)まで東京建物Brillia HALLで、2022年2月2日(水)から2月6日(日)までCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで上演されます。本作は、劇作家・末満健一さんがライフワークに掲げ、2009年より展開する演劇シリーズ作品、TRUMPシリーズの最新作です。「ヴェラキッカ」という一族を通し、「人の想い」を奇怪かつ情念深い物語で描き出していく「TRUMP流」ロマンティックコメディです。アイデアニュースでは、シオン役を演じる松下優也さんにインタビューしました。インタビューは、上、下に分けてお届けします。「上」では、『ヴェラキッカ』のオファーを受けたときの思い、TRUMPシリーズのイメージ、台本の印象、シオン役について、『黒執事』に出ていた頃のこと、ダンスや芝居の面白さに気づいたときのことなどを伺いました。「下」では、『ジャック・ザ・リッパー』のこと、アーティストと役者という二つの柱がある活動をしていることの面白さ、演じるにあたり大切にしていること、ご自身の美学のこと、2022年をどう過ごしたいかなどについて話してくださった内容を紹介します。

松下優也さん=撮影・岩村美佳
松下優也さん=撮影・岩村美佳

――『ヴェラキッカ』のオファーを受けて、出演したいと思われたポイントや惹かれたところなどをお聞かせください。

熱烈にオファーをいただいたことです。「この人をはめておこう」ではなく、そう思ってくださることは嬉しく、とてもありがたいことです。TRUMPシリーズのことは存じ上げていなかったのですが、いろいろと情報をいただいて、興味を持って拝見した時に、すごくこだわりの強い、深い世界観だなと思いました。

――その世界観に入ることについては、どう思われましたか?

今、いろんな舞台をやらせいただいていますが、『ヴェラキッカ』はもっと若い時にやっていた可能性もあったかなと思いました。『ジャック・ザ・リッパー』、『ハウ・トゥー・サクシード』、去年の『サンセット大通り』と、最近の舞台は人間の役でしたが、『黒執事』や『THE ALUCARD SHOW』など、元々は人間じゃない役のほうが多かったんですよ。『ヴェラキッカ』は自分が元々やっていた世界観に近しいものを感じています。人間の役の経験を積んだ僕が、今、人間じゃない役を表現したらどんなものになるのかと、未知なる自分への楽しみがあります。

――美弥るりかさんと松下さんのキャストが発表になった時に、ハマりすぎだと思いました。ファンの方々も、TRUMPシリーズのファンの方々も、ご出演を待っていらっしゃったのではないでしょうか。

とてもありがたいです。ただ、課題もすごく感じています。常に良くしていきたいからです。作品や物事に対して、なるべく偏見を持って入りたくないんです。誰しも、表現したいところや、こだわりの一番コアな部分には、とても濃いものがあるのだと思いますが、僕らはそれを表現として背負って人前に立つわけです。レベルは絶対に上げたいと思っています。

――松下さんは、今回の「この世のものならざる存在」であるシオン役にハマると、皆さんも思っていらっしゃるのではと思います。時を経て、更に違うものを拝見できるのかなと期待しています。

「ハマっている」と思ってくださっていることはありがたいのですが、『黒執事』などをやっていた時期の自分は、僕にとって、もう別人なんですよね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、台本の印象、シオン役のこと、ダンスや芝居の面白さに気づいたときのことなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。1月16日14時掲載予定のインタビュー「下」では、「下」では、『ジャック・ザ・リッパー』のこと、アーティストと役者という二つの柱がある活動をしていることの面白さ、演じるにあたり大切にしていること、ご自身の美学のこと、2022年をどう過ごしたいかなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■芝居の面白さに気づいた『Paco~パコと魔法の絵本~ from「ガマ王子vsザリガニ魔人」』

■この1年で歌が一気に変わった。「人間ではない役」を、今どう表現できるか楽しみ

■雰囲気では伝えきれない。「シオンがいないと成立しない物語」というくらい重要な役

■100回練習したら、100回練習したことだけが見えるわけではない。それが芝居の面白さ

<ミュージカル『ヴェラキッカ』>
【東京公演】2022年1月15日(土)~1月23日(日) 東京建物Brillia HALL
【大阪公演】2022年2月2日(水)~2月6日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
公式サイト
https://verachicca.westage.jp/

『ヴェラキッカ』 関連記事:

⇒すべて見る

美弥るりか 関連記事:

⇒すべて見る

松下優也 関連記事:

⇒すべて見る

愛加あゆ 関連記事:

⇒すべて見る

※松下優也さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月15日(火)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

松下優也さん=撮影・岩村美佳
松下優也さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. きききき より:

    今回も読み応えのあるインタビューありがとうございます。
    熱烈なオファーだったんですね!!本当に1、2年で歌が進化してこのヴェラキッカでの歌も、本当に素敵です。このインタビューを読んで優也くんが頼もしく感じ、シオンがこれから最終的にどこへ行きつくのか楽しみにしています。

  2. かな より:

    お正月明けに俺にあと2週間時間をくれーって呟いていたのでヴェラキッカは結構大変なのかなって思っていました。
    でも松下さんの出演する作品は外れがなくて最強にコスパの良い俳優さんなので今回も楽しませてくれると信じて観に行きました。
    結果、最高に楽しくて最高に悲しかったです。
    松下さんのおっしゃる通りシオンがいないと成立しない物語、もっと言うとシオンのお話なので松下さんと言えども負担は大きかったと思います。
    でも2週間も欲しがってた割には(笑)きっちり仕上げていたので流石だなぁと思ってしまいます。
    ジャック・ザ・リッパーの時もインタビューで話していた通り楽曲が素晴らしかったので、素直な松下さんと聞き上手なアイデアニュースさん大好きです。
    ヴェラキッカのゲネ動画もアイデアニュース版は松下さん多めの編集で嬉しいです。ありがとうございます。これからも頼りにしています。

  3. ひーちゃん より:

    松下優也さんのお芝居をする上で大切に考えている事、自分自身を表現するのは歌手としての活動で、それを大谷翔平さんの二刀流に例えて話されていて、とても興味深い内容でした。
    松下優也さんのますますの活躍を楽しみにしています。

最近の記事

■ 2022年1月掲載分
■ 2021年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.