「優柔不断さに、リアリティが」『東京ラブストーリー』、笹本玲奈・夢咲ねね(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「優柔不断さに、リアリティが」『東京ラブストーリー』、笹本玲奈・夢咲ねね(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年11月19日

ミュージカル『東京ラブストーリー』が、2022年11月27日(日)から12月18日(日)まで東京建物Brillia HALLで、12月23日(金)からと12月25日(日)まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで、2023年1月14日(土)に愛知・刈谷市総合文化センターアイリス 大ホールで、1月21日(土)と1月22日(日)に広島・JMSアステールプラザ大ホールで上演されます。

『東京ラブストーリー』の原作は、1988年に柴門ふみさんが発表した漫画で、1991年にはフジテレビがテレビドラマ化し、「月曜の9時には渋谷から人がいなくなる」と言われるほどの社会現象を巻き起こしました。ミュージカル版では、作品設定を2018年に置き換え、空キャスト(柿澤勇人、笹本玲奈、廣瀬友祐、夢咲ねねのみなさん)と、海キャスト(濱田龍臣、唯月ふうか、増子敦貴、熊谷彩春のみなさん)のチーム別ダブルキャストで上演されます。アイデアニュースでは、赤名リカ役を演じる笹本玲奈さんと関口さとみ役を演じる夢咲ねねさんにインタビューしました。

「上」では、先日開催されたワークショップのこと、『東京ラブストーリー』をミュージカルにする面白さ、ジェイソン・ハウランドさんの音楽のことなどについて伺いました。「下」では、お互いの印象について、キャストがハマり役だと思ったということ、恋愛や人生設計についてなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

笹本玲奈さん(左)と夢咲ねねさん=撮影・岩村美佳
笹本玲奈さん(左)と夢咲ねねさん=撮影・岩村美佳

ーーワークショップは、いかがでしたか?

笹本:私はワークショップには参加できなかったのですが、昨年台本の読み合わせをやったんです。台本は未完成でしたが、一旦みんなで集まって読んでみましょうということで、空キャスト4人と、アンサンブルで決まっていた方が何人か集まりました。内容も面白く、次はどうなるのかな、というワクワク感がずっと続いて、気づいたら終わっていた、という感じでした。

ーー読み合わせ前にも、台本を読まれていたのですか?

笹本:台本は何稿かいただいて読んでいました。長編の原作を3時間に凝縮するのは、とても難しかったと思いますが、台本が直されるたびに伝えたいことや、わかりにくい部分がどんどん改善されていき、時代や職種などもクリアになっていったので、読み合わせをしたときには、とにかく話がおもしろいと思いました。

ーー夢咲さんは、4人の読み合わせのときはいかがでしたか?

夢咲:私はテレビドラマがすごく好きだったんです。2年前くらいに、どこがおもしろいんだろうと見始めたら、まんまとハマってしまって、一気に1日で観ちゃったくらいです(笑)。これをどうミュージカルにするのだろうと思っていました。お話をいただいてから原作を読んだ段階では、やはりこれをミュージカルにできるのかな?と思っていました。

ところが、台本の読み合わせをしたときには、それぞれのキャラクターがちゃんと個々に色づいて立っていたので、ここに曲が重なっていったらよりおもしろくなるだろうなと思いました。リカが、よりいい女で、自立しているというか。

笹本:個性的なキャラクターで、突拍子もないことを言ったりしますが、最終的に彼女の行動は誰よりも、日本人女性らしく思えました。

夢咲:周りの人のことを考えて、人の気持ちを汲んでみたいな。

笹本:私もそれが意外で、リカというキャラクターがすごく好きになりました。

ーー『東京ラブストーリー』といえば、91年のドラマ版の印象が強いと思います。放送当時の視聴者にはすごく刺さって社会現象にもなりました。でも、積極的に恋愛をしない人も増えているような今の時代に、『東京ラブストーリー』をミュージカルにすることにピンときていない人も多いかと思います。2018年に設定した『東京ラブストーリー』のどこに面白さがあって、ミュージカルになる肝があるのか、ぜひおふたりの印象をお聞かせください。

笹本:もちろんタイトルにもなっているので、ラブストーリーなのですが、ひとりひとりがとても人間らしく、まっすぐ一生懸命生きているところに、胸が打たれると思っています。完治やさとみはすごく優柔不断ですが、そこにリアリティがあります。リカみたいにはっきりものを言ったり、迷わず選択できる人ばかりではないと思うので、すごくリアルな人間模様を描いている作品だと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『東京ラブストーリー』をミュージカルにする面白さ、ジェイソン・ハウランドさんの音楽のことについて伺った内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。20日掲載予定のインタビュー「下」では、お互いの印象について、キャストがハマり役だと思ったということ、恋愛や人生設計について伺った内容やお客さまへのメッセージなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■笹本:見ていて面白い、4人のラブストーリー。怖いもの見たさで覗いてみては(笑)

■夢咲:4人がぶつかり合いながらどう成長するか。お客さまも、ご自身と重ねられそう

■夢咲:三上くんのテーマ曲「56人の女」は、ロック系 笹本:とことんキザに(笑)

■夢咲:リカの「声をあげよう」も、とてもいい曲 笹本:応援歌みたいな感じ

<ミュージカル『東京ラブストーリー』>
【東京公演】2022年11月27日(日)〜12月18日(日) 東京建物Brillia HALL
【大阪公演】2022年12月23日(金)~25日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【愛知公演】2023年1月14日(土) 刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール
【広島公演】2023年1月21日(土)~22日(日) JMSアステールプラザ大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/love2022/

『東京ラブストーリー』 関連記事:

⇒すべて見る

笹本玲奈 関連記事:

⇒すべて見る

夢咲ねね 関連記事:

⇒すべて見る

※笹本玲奈さんと夢咲ねねさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月19日(月)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

笹本玲奈さん(左)と夢咲ねねさん=撮影・岩村美佳
笹本玲奈さん(左)と夢咲ねねさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ひろき より:

    笹本さんのご自身をしっかりもっているところと、夢咲さんのふわっとした優しさをもっているところ、お二人素敵な出会いと思います。リカとさとみでどんな空気が生まれるか、楽しみです。

  2. わぐり より:

    ずっと応援してた笹本玲奈さんと夢咲ねねさんの共演!お二人ともスタイルが良くてお顔が綺麗で、並んだ姿がとても豪華です。

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.