「演出家・吉原光夫は、穏やかな感じ」、吉原光夫・海宝直人・西川大貴鼎談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

「演出家・吉原光夫は、穏やかな感じ」、吉原光夫・海宝直人・西川大貴鼎談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2018年4月24日

 

Artist Company響人第11回公演『お月さまへようこそ』に出演する海宝直人さんと西川大貴さん、演出の吉原光夫さんの対談後半です。演出家としての吉原光夫さんについて、オフに集まった時に何をしているのかなどについて語ってくださった内容を紹介します。

 

吉原光夫さんと海宝直人さんと西川大貴さん=撮影・岩村美佳

吉原光夫さんと海宝直人さんと西川大貴さん=撮影・岩村美佳

 

 

——おふたりからみて、「演出家・吉原光夫」というのはいかがですか?

 

吉原:こういうお互いについて語るのって困るよね。いいところを一生懸命探したりしちゃう。ほぼ初めましてで聞かれたりするじゃん。

 

西川:はじめましては大変だね(笑)。

 

吉原:褒めるところめっちゃ探しちゃう。「格好よくてね」って(笑)。

 

海宝:そこ!?

 

西川:俺が横から見てると、光夫さんそういうの考えてることありますよね。

 

吉原:めっちゃ考える!

 

西川:「格好よくて……」っていう切り出し結構聞きます(笑)。

 

3人:(笑)。

 

——今日はそういうのはいらないので(笑)。

 

西川:ここで出て来たらびっくりしますよ(笑)。

 

——いらないからこそ語れることをお願い致します。

 

海宝:役者をやっているときよりも穏やかな感じがしますね。

 

——それはオフの吉原さんとも違うんですか?

 

海宝:そうですね。オフとも感じが違う気がしますね。すごく広く役者を見てくれますし、必要だなと思うところには切り込んで、的確に言ってくれるので、やっていてスムーズという感じがしますね。迷いなくという感じ。

 

——演出家モードになると穏やかになるというのは、意識的にやっているんですか?

 

吉原:欲しいものを的確に、その作品を良くしていくということに対して、時間をたくさん割かないというのが演出家の仕事だと思うので、それをに対して邪魔なノイズはすべて消して行った方がいいかなと思っているんです。自分が俳優だからわかるんですが、演出家が感情を出すことによって、どんどん俳優は閉じて行くんですよね。だから、よく見る演出家のイメージで、怒鳴り散らしながら演出するというのは、技術・能力のある俳優さんにはほとんど意味がない。何か演じる前の心の中に問題がある人に対して、それをやることによって、一個捨てるという意味では、荒療治としてはあるのかもしれないですが。これは経験ですが、ほとんどの場合はそれをやられればやられる程、欲しいものから遠ざかっていくんですよ。演出家が焦りはじめたら、俳優も焦るんです。もしかしたら、優しいとか、穏やかというのは、その状態を自分で持っているのかもしれないですね。役者をやっているとすごくわかるんですよね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、オフに集まった時の様子や、この作品で何をしたいのかなどについて語ってくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■吉原:小川絵梨子がベース。彼女に演出されたときがまさしくそう

 

■西川:作品だけにストイックにやれるというのは、めちゃくちゃ幸せなんですよ

 

■吉原:すべてを失ったときに残るのは大切なものだから、失ってみなさいよと

 

■西川:純度の高いラーメンに命を注いで、お客さんが来るというのがベスト

 

■海宝:ミュージカルを観るお客さんを包み込んで、感じてもらえるような作品に

 

 

<Artist Company 響人 第11回公演『お月さまへようこそ』>
【東京公演】2018年4月25日(水)~4月29日(日) CBGKシブゲキ!!

 

<公式サイト>
Artist Company 響人 公式ホームページ
https://www.hibikibito.com/moon

 

<関連リンク>
吉原光夫-カムトゥルー
http://c-true.net/artist/yoshihara-mitsuo/
吉原光夫 Twitter
https://twitter.com/mitsuoYoshihara
海宝直人オフィシャルサイト
http://kaihonaoto.com/
海宝直人オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/naoto-kaiho
海宝直人 Twitter
https://twitter.com/naotosea西川大貴オフィシャルサイト
https://www.taikinishikawa.me/
西川大貴 Twitter
https://twitter.com/spea___spea

 

<海宝直人さん活動情報>
詳しくは、海宝直人公式サイトをご覧ください
http://kaihonaoto.com
【坂東玉三郎コンサート『愛の讃歌』】
大阪:5月3日(木祝)フェスティバルホール
【ジャージー・ボーイズ・イン・コンサート】
東京:5月12日(土)~13日(日)東急シアター・オーブ
【THE HIT OPERA SHOW 『TRIOPERAS』】 
イギリス・ロンドン:2018年5月23日(水)~7月1日(日)ピーコック劇場
【海宝直人 Birthday Live 2018 Home My Home】
千葉:7月7日(土)市川市文化会館 大ホール
東京:7月11日(水)オペラシティ コンサートホール
愛知:7月16日(月祝)ZEPP名古屋
【ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』】
全国:2018年9月7日(金)~11月4日(日)

 

お月さまへようこそ 関連記事:

⇒すべて見る

 

吉原光夫 関連記事:

⇒すべて見る

 

海宝直人 関連記事:

⇒すべて見る

 

西川大貴 関連記事:

⇒すべて見る

 

※吉原光夫さんと海宝直人さんと西川大貴さんのサイン色紙と3人の写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは5月7日(月)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

海宝直人さんと西川大貴さん=撮影・岩村美佳

海宝直人さんと西川大貴さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. あき より:

    吉原さんも海宝さんも西川さんも、以前から色々な作品で拝見していて大好きな俳優さん達です。今回の特集ではリラックスしたなかにプロの真摯な想いが伝わってきて、こんな皆さんだから観客の私も演技や歌に深く感動出来たんだなぁと改めて思いました(^^)
    「お月さまへようこそ」は先日原作を読んで余白の多い作品だと感じました。こんな素敵なメンバーを中心に、他の皆さんとの化学反応を経て、どんな色合いの作品に仕上げて下さっているのか、今から本当に楽しみです!!

  2. あんこ より:

    素敵な写真とインタビューをありがとうございました。
    演出家としての吉原さんは初めてなので、俳優の時とはまた違う感じなのだと興味深かったです。その演出を受けた海宝さん、西川さん、他の出演者の方のお芝居も楽しみです。

  3. ねこ より:

    素敵な対談をありがとうございました。
    なかなか東京方面へあれもこれも観に行くことはできず、このような取材をしていただくとつい、読み更けてしまいます。
    海宝さん、吉原さん、西川さん、お三方の雰囲気がとてもいいですね。
    小作品から世界的舞台まで、海宝さんの守備範囲に驚かされてます。
    また、観劇後のレポートも楽しみにしております。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.