「戦わない覚悟を固められるかどうか」、『父と暮せば』鵜山仁インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「戦わない覚悟を固められるかどうか」、『父と暮せば』鵜山仁インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2018年5月30日

 

こまつ座「戦後”命”の三部作」の記念すべき第一作、『父と暮せば』が、新たなキャストを迎え、2018年6月5日(火)~17日(日)まで、東京六本木・俳優座劇場で上演されます。初演から演出に携わってこられた、鵜山仁さんに再演に向けてのお話をうかがいました。

 

鵜山仁さん=撮影・伊藤華織

鵜山仁さん=撮影・伊藤華織

 

 

――『父と暮せば』の初演は24年前だそうですね。それからずっと演出に携わられた作品ですが、今回で何回目になるのでしょうか?

 

ステージ数にすると五百回を越えているんですけど、「竹造」的には5組目です。「美津江」的には6組目。

 

――ステージ数にして500回以上、再演を繰り返してきた作品ですが、前回の公演まで演じられてきた辻萬長さんと栗田桃子さんから、山崎一さんと伊勢佳世さんにバトンタッチされます。ある意味既に完成している作品と思いますが、演者が変わると演出も変化をしたりということが過去にもありましたか?

 

そうですね、どんどん変わって。まぁ、毎日変わる感じですね。

 

――毎日変わる。

 

結局、なんて言うのかな、固定した何かがあるわけじゃなくてすべては「関係性」なので。井上ひさしさんの台本は一応固定してるんですけど、そこに纏わる音とか表情とかっていうのはどんどん変わるわけです。それがまた二人のやりとりってことになると、相乗効果で全然別な方向に変わっていく可能性もあるわけだから、以前とは、やはり全然違うんです。ただその動きの軌跡みたいなものを追っかけていくと、「行動線」っていうんですけど、役者がどう動いているかっていうことは、見た目はあんまり変わってないんでしょうけどね。ただ、その醸し出す空気感みたいなものは、全然違うと思っているんです。

 

――キャストの変更のときならずとも、同じキャスト同士の再演でも、日々変わるということなんですね。

 

そうですね。

 

――新キャストの山崎一さんと伊勢佳世さんは鵜山さんがお決めになられたのでしょうか?

 

キャスティングは関係者みんなと一緒に話をするので、まぁ、神様が決めた、みたいな(笑)。とにかくご本人たちが出てくれないと話にならないわけだし、一応セレクションみたいなことはして、スケジュールを確認して、こまつ座とも話合いをして決める。あんまり自分ひとりで決めてるという印象がないんですよね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、「看板だけの反戦平和じゃなくて、反戦平和を具体化するために、何をやってますか?」っていったら、「『父と暮せば』やってます」だけじゃ済まない時代になってきている気がするんですよね、というお話も出てきたインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。5月31日掲載予定のインタビュー「下」では、違和感を招くことがあっても舞台で方言を使うことの意味や、「客観的事実」とフィンクションと「主観的事実」の関係などについて語ってくださったインタビューの後半の全文を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■第二次大戦、太平洋戦争を直接には知らない世代が、今度竹造を演ることになるのが大きい

 

■遺伝子が、どういう戦いの経験を継承しているか? そういうレベルで「フィクション」を

 

■原子力みたいなアンコントローラブルな力には依らない哲学を僕らが持てるのかどうか

 

■知らないなりに、どうすればエネルギーを「戦わない力」に振り向けられるのか?

 

 

<『父と暮せば』>
【東京公演】2018年6月5日(火)~6月17日(日) 俳優座劇場
 ※6月14日(木)2:00公演後 鵜山仁アフタートークショーあり。詳細はこまつ座(03-3862-5941)まで。
【山形公演】2018年6月21日(木) 川西町フレンドリープラザ
【仙台公演】2018年7月14日(土) 日立システムズホール仙台 シアターホール

 

<『父と暮せば』公式サイト>
http://www.komatsuza.co.jp/program/

 

<関連リンク>
こまつ座 Twitter
https://twitter.com/komatsuza
こまつ座 FaceBook
https://www.facebook.com/komatsuza
鵜山仁 Twitter
https://twitter.com/hitoshiuyama
鵜山仁 文学座
http://www.bungakuza.com/member/prof/uyama-hitoshi.htm

 

父と暮せば 関連記事:

⇒すべて見る

 

鵜山仁 関連記事:

⇒すべて見る

 

こまつ座 関連記事:

⇒すべて見る

 

※鵜山仁さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは6月13日(水)です。(このプレゼントの応募は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

鵜山仁さん=撮影・伊藤華織

鵜山仁さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、いろんな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年10月掲載分
■ 2018年9月掲載分
■ 2018年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.