再び会いたくなる作品、ミュージカル『マリー・アントワネット』きょう大千穐楽 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

再び会いたくなる作品、ミュージカル『マリー・アントワネット』きょう大千穐楽

筆者: 中田 ゆりな 更新日: 2019年1月15日

 

ミュージカル『マリー・アントワネット』が、福岡、東京、愛知公演を終え、2019年1月1日から梅田芸術劇場メインホール公演が始まり、1月15日(火)に大千穐楽を迎えます。本作は遠藤周作の小説『王妃マリー・アントワネット』をもとに、脚本・歌詞をミヒャエル・クンツェ、音楽・編曲をシルヴェスター・リーヴァイが手がけた作品。2006年には日本で世界初演され、12年の時を経て、再び観客の前に帰ってきました。大阪公演の様子をレポートします。

 

ミュージカル『マリー・アントワネット』より=写真提供:東宝演劇部

ミュージカル『マリー・アントワネット』より=写真提供:東宝演劇部

 

 

舞台は18世紀末のフランス。国王ルイ16世(佐藤隆紀/原田優一のダブルキャスト)の統治の下、上流階級の貴族たちは贅沢な暮らしを楽しむ一方、民衆は飢えと貧困に苦しみ、国に大きな不満を抱いていました。

 

ある日、パリのパレ・ロワイヤルで開かれたオルレアン公(吉原光夫)主催の舞踏会に、豪華な衣装に身を包んだマリー・アントワネット(花總まり/笹本玲奈のダブルキャスト)が登場。許されない関係にありながらも愛し合う、スウェーデン貴族・フェルセン伯爵(福岡・東京は田代万里生/古川雄大のダブルキャスト。名古屋・大阪は古川雄大のシングルキャスト)と、束の間の逢瀬を楽しみます。ところが、華やかな舞踏会の途中で、貧しい少女マルグリット・アルノー(ソニン/昆夏美のダブルキャスト)が乱入。苦しい生活を送る民衆の実情を直訴しますが、貴族たちからは全く相手にされませんでした。同じイニシャルをもつ2人の「MA」は、こうして巡り合ったのです。

 

フェルセンは、マリーに革命の危険が迫っていると忠告しますが、現実から目を背けようとするマリーに、その声は届きませんでした。一方、飢えと貧困に苦しむ民衆のことなど考えず、贅沢な暮らしを送る王妃や貴族たちに反感を抱いたマルグリットは、密かに王座を狙うオルレアン公に利用され、革命派の詩人ジャック・エベール(坂元健児)とともに、民衆たちを扇動。飢えも恐れもない世界を求めて、革命の道へと突き進んでいきます。

 

私が観た回にマリー・アントワネットを演じたのは、花總まりさん。立ち振る舞いや仕草からは自然と品位の高さがにじみ出ており、これまでの経験の豊かさが感じられます。最新のファッションやヘアスタイルにも余念なく、許されざる恋に走るマリーには「ワガママな王妃」「国を破滅に導いた悪女」というイメージが付きまとっていますが、14歳で敵国であるフランスに嫁ぎ、王宮では堅苦しい慣習に縛られた生活を送っていたという背景を知れば、きっとマリーは孤独だったのだろうとも思います。革命の危機という現実から目を背け、フェルセンに愛を求める姿からは、そんなマリーが感じていた寂しさが垣間見えました。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、公演ルポの全文を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■マリー・アントワネット役の花總まりさん、息子と引き離されるシーンは忘れられません

 

■マルグリット・アルノー役のソニンさん、腹の底から出る、地を這うような歌声で圧倒

 

■フェルセン伯爵役の古川雄大さん、愛に溺れるのではなく心の底から愛している様子が

 

■原田優一、駒田一、彩吹真央、坂元健児、彩乃かなみ、そして吉原光夫、みなさんの重厚な歌唱が

 

■豪華絢爛で波乱万丈、強いメッセージも。濃密な3時間、再び会いたくなる作品

 

<ミュージカル『マリー・アントワネット』>
【福岡公演】2018年9月14日(金)~9月30日(日) 博多座(この公演は終了しています)
【東京公演】2018年10月8日(月・祝)~11月25日(日) 帝国劇場(この公演は終了しています)
【愛知公演】2018年12月10日(月)~12月21日(金) 御園座(この公演は終了しています)
【大阪公演】2019年1月1日(火・祝)~1月15日(火) 梅田芸術劇場 メインホール
http://www.umegei.com/ma2019/schedule.html

 

<関連サイト>
帝国劇場 ミュージカル『マリー・アントワネット』
https://www.tohostage.com/ma/

 

マリー・アントワネット 関連記事:

⇒すべて見る

 

花總まり 関連記事:

⇒すべて見る

 

ソニン 関連記事:

⇒すべて見る

 

古川雄大 関連記事:

⇒すべて見る

 

原田優一 関連記事:

⇒すべて見る

 

吉原光夫 関連記事:

⇒すべて見る

 

ミュージカル『マリー・アントワネット』より=写真提供:東宝演劇部

ミュージカル『マリー・アントワネット』より=写真提供:東宝演劇部

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>中田 ゆりな / 関西在住のフリーランスライター。旅行が趣味で、観光地を巡るのが大好き。毎週、神戸や大阪、京都にも足を運び、人気の観光地や穴場スポットを訪れています。日本各地のおいしいお土産を探すのも、楽しみの一つです。⇒中田ゆりなさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の記事

■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.