矢来能楽堂で「棒縛」「朝比奈」上演へ、「狂言このあたり乃会」インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

矢来能楽堂で「棒縛」「朝比奈」上演へ、「狂言このあたり乃会」インタビュー(上)

筆者: 達花和月 更新日: 2019年7月11日

 

「万作の会」主宰の狂言師、人間国宝の野村万作さん門下の4人の若手狂言師による研鑽会『第二回 狂言このあたり乃会』が、2019年8月17日(土)に、東京・矢来能楽堂にて開かれます。「このあたり乃会」同人、岡聡史さん、中村修一さん、内藤連さん、飯田豪さんに、演目についてのみどころやいきごみ、面(おもて)をつけての狂言についてお話をうかがいました。

 

(写真左から)内藤連さん、飯田豪さん、岡聡史さん、中村修一さん=撮影・伊藤華織

(写真左から)内藤連さん、飯田豪さん、岡聡史さん、中村修一さん=撮影・伊藤華織

 

 

<あらすじ>(公演フライヤーより)

 

【棒縛】(ぼうしばり)
留守番中に二人の家来(太郎冠者と次郎冠者)が酒蔵の酒を盗み飲んでいると知った主人は、太郎冠者を棒に、次郎冠者を後ろ手に縛って出かけてしまう。それでも酒が飲みたい二人は知恵を絞り、縛られたまま酒を飲むことについに成功する。酔った二人が謡えや舞えやと大騒ぎしていると…。

 

【朝比奈】(あさひな)
極楽往生を約束する宗教が流行し、人間がちっとも地獄に落ちてこなくなったので、自ら罪人を責め落そうと、閻魔が六道の辻へとやってくる。ちょうど通りかかった武将・朝比奈三郎義秀を狙うが、朝比奈は全く動じず、逆に怪力で閻魔を投げ飛ばす。責めるのを諦めた閻魔は、朝比奈に和田合戦の様子を語らせることにするが…。

 

 

――『第二回 狂言このあたり乃会』演目の大まかなあらすじと見どころを、太郎冠者役・岡さん、次郎冠者役・飯田さんで演じられます『棒縛(ぼうしばり)』からお願いいたします。

 

岡:あらすじは、ざっくり言いますと、太郎冠者と次郎冠者の二人が大酒飲みで、主人がいつも家のお酒を飲まれて困っていて。

 

飯田:盗み酒をしちゃうんですね。

 

岡:盗み酒をして困っているので、ある策略を立てて二人を縛るわけです。太郎冠者は両手首を棒に縛りつけて、次郎冠者は後ろ手に縛ってお酒が飲めないようにして、主人はそのまま出かけてしまいます。残された二人は縛られたままでも、どうにかこうにかしてお酒を飲むという、それだけの話なんです(笑)。本当に内容はこれだけなんですけど、“言葉が要らない狂言”、と言いますか、子供や海外の人など、言葉が分からなくても伝わる話で、狂言254演目(和泉流現行曲として定められた伝統的な狂言)の中でも3本の指に入るくらい、人気があってよく知られた曲、かつ、言葉がなくても伝わる狂言です。

 

――『棒縛』は、海外公演の際にもよく取り上げられるのでしょうか?

 

飯田:よくやります。

 

――言葉の要らない狂言。

 

岡:まぁ、そこまで言うと語弊があるかもしれないですけど、子供が観ても、外国の方が観ても楽しめる狂言ですね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『棒縛』と『朝比奈』について、演目の内容や稽古の様子、どういうところが難しいか、どういう点が見どころかなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。7月12日(金)掲載予定のインタビュー「下」では、狂言では稽古において事前の予習や役作りという事よりも、まっさらな状態で師匠との稽古に挑み、その中で役柄や言葉の中身を掴んでいく事が重要となるなど、狂言独特の世界について4人が語ってくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■岡:『棒縛』の太郎冠者はヒーロー。太郎冠者で一番格好良いんじゃないかな

 

■中村:表情での演技はある意味ご法度。でも『棒縛』は表情も表現しなければ

 

■内藤:鬼をやるときは面をつける。でも合わせるのが、本当に苦労するんです

 

■飯田:面は上を向いていると笑っているように、下を向いていると悲しく見える

 

 

<『第二回 狂言このあたり乃会』>
【東京公演】2019年8月17日(土)14:00 矢来能楽堂
お問合わせ先:万作の会(TEL:03-5981-9778)
チケット:全席指定 2,000円
一般前売発売日:7月16日(火)10:00より
お求め先:Confetti(カンフェティ)
(TEL:0120-240-540 ※携帯・PHSからはTEL:03-6228-1630(平日10:00~18:00受付))
※売切の場合、キャンセル待ちを万作の会(TEL:03-5981-9778)にて承ります

 

<関連リンク>
万作の会
http://www.mansaku.co.jp/index.html
中村修一 FaceBook
https://www.facebook.com/KyogenShuichiNakamura/

 

 

このあたり乃会 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※「狂言このあたり乃会」の4人にサインしていただいた色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月11 日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

(写真左から)飯田豪さん、岡聡史さん、内藤連さん、中村修一さん=撮影・伊藤華織

(写真左から)飯田豪さん、岡聡史さん、内藤連さん、中村修一さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 佳春 より:

    岡さんの健康を祈りつつ…(笑)2回目の公演も楽しみにしております。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.