笠置山の後醍醐帝を鎌倉方が捕縛、正成たちは… 『龍起伝』第5話:赤坂城の戦い | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

笠置山の後醍醐帝を鎌倉方が捕縛、正成たちは… 『龍起伝』第5話:赤坂城の戦い

筆者: 橋本正人 更新日: 2019年9月5日

 

鎌倉時代末期の武将、楠木正成(くすのき・まさしげ)を描いた朗読歌唱ドラマ『龍起伝 ~楠木正成と久子~』全20話のうち、第5話「赤坂城の戦い」を、2019年9月5日(木)午後8時0分に、無料公開しました。第5話では、赤坂城に立て篭もった正成たちと湯浅宗藤の軍勢との激闘が続くなか、笠置山に立て篭もった後醍醐帝らが鎌倉方に捕縛され、正成たちがどうするか判断した姿を描いています。

 

赤坂城の戦いでは、城の塀(へい)が二重構造になっていて倒れてきたことや、塀を登って来る鎌倉方に石が落とされたり熱湯をかけたりしたことが当時の戦記物語である「太平記」に書かれています。太平記では、まず二重の塀が倒れて、それから落石や熱湯で攻撃されたことになっています。ただ、私は、まず落石や熱湯での防御があり、その後、落石や熱湯を避けて「何らかの方法」で攻めてきた湯浅宗藤軍を撃退するため、「二重塀」という手段を使ったのではないかと考えました。

 

そのうえで、湯浅軍が落石や熱湯を避けるために「攻城やぐら」を使ったというシーンを創作しました。「攻城やぐら」は、欧米や中国など城壁に囲まれた街を作って戦っていた国では、古くから使われたものです。湯浅宗藤がそれを知っていたかどうかはわかりませんが、落石や熱湯による攻撃を避けるには効果的な設備なので、宗藤が使ったとしてもありえない話ではないと思っています。そして「攻城やぐら」に対抗する手段ということであれば、「二重の塀」がその威力を発揮することができます……。

 

 

こちらは、2019年9月5日公開の朗読歌唱ドラマ『龍起伝 ~楠木正成と久子~』第5話:「赤坂城の戦い」です(16分38秒)。

 

 

 

朗読歌唱ドラマ『龍起伝 ~楠木正成と久子~』 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『龍起伝 ~楠木正成と久子~』全20話の全文テキストPDF(A4、235ページ、約7万字、約2MB)と、登場人物のうち楠木正成、久子、大塔宮、正季、雛鶴、赤松円心の6人のパソコン用・iPhone用・Android用の壁紙を、掲載しています。ログインして有料会員限定部分に入ると、簡単にダウンロードできます。有料会員のみなさまは、コメントを書き込むこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

------------------------------------
<朗読ドラマ『龍起伝 ~楠木正成と久子~』>全20話
【公開】2019年9月1日(日)~9月20日(金) 毎日1話ずつ午後8時0分に公開
(全話、無料。公開後はいつでもご覧いただけます)
作・朗読・歌:橋本正人
画:anji56
音楽:甘茶の音楽工房
編集:アイデアニュース編集部
龍起伝 公式ページ
https://ideanews.jp/ryuukiden
龍起伝 Twitter
https://twitter.com/ryuukiden2018
アイデアニュース
https://ideanews.jp/
------------------------------------

 

<関連サイト>
橋本正人 Facebook
https://www.facebook.com/masato.hashimoto
anji56 ピクシブ
https://www.pixiv.net/member.php?id=19066938
甘茶の音楽工房
http://amachamusic.chagasi.com/
アイデアニュースチャンネル
https://www.youtube.com/ideanewsjp

 

龍起伝 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます


最近の記事

■ 2019年9月掲載分
■ 2019年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.