鎌倉方と帝側の戦い、そのとき皇子の母たちは…『龍起伝』第4話:寧子と親子 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

鎌倉方と帝側の戦い、そのとき皇子の母たちは…『龍起伝』第4話:寧子と親子

筆者: 橋本正人 更新日: 2019年9月4日

 

鎌倉時代末期の武将、楠木正成(くすのき・まさしげ)を描いた朗読歌唱ドラマ『龍起伝 ~楠木正成と久子~』全20話のうち、第4話「寧子(やすこ)と親子(ちかこ)」を、2019年9月4日(水)午後8時0分に、無料公開しました。第4話では、笠置山に立て篭もった後醍醐帝らと鎌倉幕府軍の戦い続くなか、都の皇子の母親たちがどのようにしていたかを想像して描いています。

 

当時の皇族の間には「大覚寺統」と「持明院統」という2つの流れがあり、年限を区切って交代で両方から天皇を出すということになっていましたが、そう簡単には物事は進まず、両者は対立していました。

 

「大覚寺統」の後醍醐天皇が笠置山に立て篭もって鎌倉幕府軍と戦う事態になったことで、後醍醐帝の女御(妻)の1人で皇子の大塔宮(護良親王)の母親である源親子(みなもとの・ちかこ)は、非常に困った立場になったことが予想されます。その一方で「持明院統」の後伏見上皇の女御で、花園上皇の義母であり量仁親王らの実母でもある西園寺寧子(さいおんじ・やすこ)にとっては、自分の子どもが帝になる好機が訪れたことになります。

 

第4話では、寧子が親子を訪ねたシーンを描いていますが、このようなことがあったという歴史的文書があるわけではありません。また「滋子」という名前になっていた久子が、源親子のもとで働いていたことがあるというエピソードもフィクションですが、どうかご容赦願います。

 

 

こちらは、2019年9月4日公開の朗読歌唱ドラマ『龍起伝 ~楠木正成と久子~』第4話:「寧子と親子」です(17分8秒)。

 

 

 

ちなみに、敵役的な形で第4話から登場した西園寺寧子(広義門院)という女性は、南北朝時代には、北朝を存続させるために事実上の治天の君の座に就き、天皇家の家督者として君臨することになる女性で、「女性で治天の君となったのも、皇室に出自せず治天の君となったのも、日本史上で広義門院西園寺寧子が唯一である」(ウィキペディア)とされており、どんな女性だったのか興味が尽きない人物です。

 

 

こちらは、『龍起伝 ~楠木正成と久子~』に登場する人物の相関図です。

 

朗読歌唱ドラマ『龍起伝 ~楠木正成と久子~』 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

朗読歌唱ドラマ『龍起伝 ~楠木正成と久子~』 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、『龍起伝 ~楠木正成と久子~』全20話の全文テキストPDF(A4、235ページ、約7万字、約2MB)と、登場人物のうち楠木正成、久子、大塔宮、正季、雛鶴、赤松円心の6人のパソコン用・iPhone用・Android用の壁紙を、掲載しています。ログインして有料会員限定部分に入ると、簡単にダウンロードできます。有料会員のみなさまは、コメントを書き込むこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

------------------------------------
<朗読ドラマ『龍起伝 ~楠木正成と久子~』>全20話
【公開】2019年9月1日(日)~9月20日(金) 毎日1話ずつ午後8時0分に公開
(全話、無料。公開後はいつでもご覧いただけます)
作・朗読・歌:橋本正人
画:anji56
音楽:甘茶の音楽工房
編集:アイデアニュース編集部
龍起伝 公式ページ
https://ideanews.jp/ryuukiden
龍起伝 Twitter
https://twitter.com/ryuukiden2018
アイデアニュース
https://ideanews.jp/
------------------------------------

 

<関連サイト>
橋本正人 Facebook
https://www.facebook.com/masato.hashimoto
anji56 ピクシブ
https://www.pixiv.net/member.php?id=19066938
甘茶の音楽工房
http://amachamusic.chagasi.com/
アイデアニュースチャンネル
https://www.youtube.com/ideanewsjp

 

龍起伝 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます


最近の記事

■ 2019年9月掲載分
■ 2019年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.