【こんな時だからこそ、舞台の話をしよう】人は弱く脆いと知ることで美しさが見える | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

【こんな時だからこそ、舞台の話をしよう】人は弱く脆いと知ることで美しさが見える

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2020年6月15日

 

新型コロナウイルスの患者急増に伴う緊急事態宣言は2020年5月末に解除されましたが、ミュージカルや演劇・音楽・ダンスなどの舞台公演が以前のような形で上演されるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。こんな時だからこそ「あの舞台のあの場面を思い出して頑張ろう」という話がしたいし聞きたいと思ってスタートしたアイデアニュースで特別企画『こんな時だからこそ、舞台の話をしよう』に応募してくださった作品の中から、ハンドルネーム:南 里佳さんの文章と写真を紹介します。南さんの文章と写真は、この企画の第1弾として『テニスの王子様』『エリザベート』『フランケンシュタイン』『マタ・ハリ』などについて書いてくださった「舞台芸術を愛する心を誇りに」を4月20日に掲載しましたが、「前回名前を挙げていない作品についても考えてみたいと思いました」とのことで再登場となります。今回はミュージカル『タイタニック』についてのお話を中心に書かれています。

 

日本青年館に掲げられたミュージカル『タイタニック』のパネル=撮影・南 里佳

日本青年館に掲げられたミュージカル『タイタニック』のパネル=撮影・南 里佳

 

 

新型コロナウイルスの影響で生活が変わり意識も変わる中で、職場の状況も変わりました。私は、都内のスーパーで仕事をしています。流通が乱れ、発注したものがいつ届くか分からない状況。ウェブ記事で見かけるような行為や暴言を浴びたことはなくても、災害時のような人出に、集団の恐ろしさを感じました。そんな中で思い出したのは、2018年に観劇したミュージカル『タイタニック』でした。

 

実際に起きた事故を描いたこの作品は、多くの人に愛され、教訓となる存在です。観劇する前にあらすじを聞いて感動する作品だと思っていましたが、それだけではなく、残酷さや希望の眩しさも感じられる多層的な作品でした。史上最悪と言われる海難事故を、悲劇にも美談にもしない。ただ起きたことをそのままに再現して、そこから何を感じますか、と問うような作品は初めてでした。

 

残された人たちの歌は、「still」から始まります。一等客でありながら救命ボートを譲り、船に残ったストラウス夫妻の歌です。ただ一人の愛する人を助けたい夫の願いに初めて逆らう妻。ある意味でのすれ違いは生死を分ける状況が二人に与えた変化。それでも最後まで互いへの愛を貫いた夫妻。極限の状況の中での最期を選んだのは、それだけの愛があったから。二人の集大成がこの曲だと思っています。残された僅かな時間で永遠の愛を誓う。展開を知っていても、毎回震えて聞いていたことを覚えています。

 

2018年版でアイダを演じた安寿ミラさんに、松島まり乃さんがインタビューした記事が、All Aboutに「『タイタニック』鎮魂の群像劇を演じる人々に訊く」として掲載されていますので、紹介します。

 

「きっとそれまで互いにいろいろなところで支え合ってきて、ここで離れて別々に死ぬより、一緒に死にたかったんだろうと思います。船の沈没までには時間がかかるので、亡くなるまでには物凄く苦しい時間がある。でも、この人と一緒だったらきっとその苦しみも乗り越えられると思ったんじゃないか、とトムは言うんですね。それほどの(強い)夫婦愛です」(中略)「最後の二人のデュエットは今回、トムから“死を選んだ二人にとっては結婚式のようなものだからハッピーに”と言われていて、だから指輪を交換したりする。その幸せそうな様子が涙を誘うというようにやりたい、ということなのですが、昨日の稽古では“ハッピーでいいんだけど、やっぱり怖さであったり、泣きも入れてほしい”と言われて、難しいなぁと感じています。自分が考えられる精いっぱいのところで、役を膨らませていけたらと思っています」(https://allabout.co.jp/gm/gc/475458/5/

 

イメージ=Pixabayより

イメージ=Pixabayより

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、南 里佳さんの作品の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■感動的な「Still」で終わらせず、残酷な「Mr. Andrews’ Vision」で終わらせた意味

 

■命を軽く見ることは許されない。そう教えてくれたミュージカル座の『ひめゆり』

 

■緊急事態宣言、ごった返す勤め先のスーパー。バックヤードに貼り出されたのは…

 

■人間は弱く脆いと知ることで、初めて美しさが見えると、ミュージカルから学ぶ

 

 

『タイタニック』 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

ミュージカル座 関連記事:

⇒すべて見る

 

こんな時だからこそ、舞台の話をしよう 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

こちらはYouTubeの梅田芸術劇場チャンネルに掲載されている「ミュージカル『タイタニック』(2018)舞台映像ダイジェスト」動画です。

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.