残酷で美しい『ジャック・ザ・リッパー』、Wキャスト全組み合わせ4チームを観て | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

残酷で美しい『ジャック・ザ・リッパー』、Wキャスト全組み合わせ4チームを観て

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年9月24日

2021年9月9日(木)に開幕したミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』が、9月29日(水)まで日生劇場で上演されています。続いて大阪公演が、10月8日(金)から10月10日(日)まで、フェニーチェ堺 大ホールで上演されます。キャストのうちダニエル役は木村達成さんと小野賢章さんのWキャスト、アンダーソン役は加藤和樹さんと松下優也さんのWキャスト、ジャック役は加藤和樹さんと堂珍嘉邦さんのWキャストで、Wキャストの組み合わせは、Aチーム(木村ダニエル、加藤アンダーソン、堂珍ジャック)、Bチーム(小野ダニエル、松下アンダーソン、加藤ジャック)、Cチーム(木村ダニエル、松下アンダーソン、加藤ジャック)、Dチーム(小野ダニエル、加藤アンダーソン、堂珍ジャック)の4種類があります(東京はABCDそれぞれ2公演ずつ、大阪はBが1公演、Cが2公演、Dが1公演)。このWキャストの全組み合わせ、4チームを観劇しての作品の見どころや面白さとキャストの印象などを、レポートします。(一部ネタバレ的な要素を含みますので、観劇前の方はご注意ください)

(左から)ダニエル役の木村達成さんと小野賢章さん、アンダーソン役の加藤和樹さんと松下優也さん、ジャック役の加藤和樹さんと堂珍嘉邦さん、モンロー役の田代万里生さん=撮影・田中亜紀
(左から)ダニエル役の木村達成さんと小野賢章さん、アンダーソン役の加藤和樹さんと松下優也さん、ジャック役の加藤和樹さんと堂珍嘉邦さん、モンロー役の田代万里生さん=撮影・田中亜紀

19世紀末のロンドンに実在した殺人犯・通称“ジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)”をモチーフに、2007年にチェコ共和国で生まれ、2009年に韓国でアレンジされて初演、その後繰り返し上演されているミュージカルの日本版初演。演出は、白井晃さんです。ロンドンの街並みが、ダークな色合いに表現された舞台セットに、様々な“赤”が鮮烈に浮かび上がっていく様が残酷で美しく、愛、哀しみ、執着、諦め、嫌悪、怒り、野心など、人間の激しい感情が行き交い渦巻いています。ドラマティックで多彩な音楽が次々と畳み掛けるように劇場を満たし、休憩込みの2時間半があっという間に感じます。

『ジャック・ザ・リッパー』というタイトルですが、ダニエルの物語であり、アンダーソンの物語であることが見どころであり、白井さんが語っている「愛の物語」なのだと思いました。医学の発展、そして人類の未来の希望にもなりうる臓器移植に力を注ぎ、愛する人を救うために罪を犯すダニエル。薬物中毒になりながらも、刑事としての正義感や愛した人への揺れる思いに悩みもがくアンダーソン。ふたりの男の物語が、それぞれに描かれ、交わり、結末を迎える。そのふたりが出会うことになってしまったのは、ジャックが現れたから。そして、特ダネに燃えるモンローに出会ってしまったことも、大きな引き金になってしまいます。

キャストは、外科医ダニエル役は木村達成さんと小野賢章さんのダブルキャスト、刑事アンダーソン役は加藤和樹さんと松下優也さんのダブルキャスト、殺人鬼ジャック役は加藤さんと堂珍嘉邦さんのダブルキャスト。ダニエルと恋に落ちる娼婦グロリア役はMay’nさん、アンダーソンの元恋人で娼婦ポリー役はエリアンナさん、新聞記者モンロー役は田代万里生さんです。ミュージカルだけでなく、アーティストなど多ジャンルで活躍するキャストが多く、多才な個性が活きて魅力的です。メインキャストが若く、ベテランと呼ばれる方々がいないことも珍しいです。さらに、16名のアンサンブルが支える重厚なコーラスが見事。それぞれにさまざまな役で見せ場もあり、特に娼婦たちは個性豊かです。

日生劇場の隣の東京宝塚劇場宙組公演では、同じ9月に『シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-』~サー・アーサー・コナン・ドイルの著したキャラクターに拠る~が上演されていますが、こちらにも“ジャック・ザ・リッパー”が登場していて、パラレルワールドのようです。『ジャック・ザ・リッパー』のプログラムには、ジャックがいた19世紀末ロンドンについて書かれたページがあり、そのなかで「ホームズが“ジャック”を彷彿とさせる事件に挑むことはなかった」と書かれています。ですが、まさに今、隣の劇場ではその“ジャック”が登場する創作が加えられています。ふたつの作品を行ったり来たりしていると、片方では考えもしなかったことに出会えたりして、思いがけない楽しさを体験しています。

(左から)ダニエル役の木村達成さんとジャック役の堂珍嘉邦さん=撮影・田中亜紀
(左から)ダニエル役の木村達成さんとジャック役の堂珍嘉邦さん=撮影・田中亜紀

※アイデアニュース有料会員限定部分には、白井晃さんの演出について、Wキャストの全4チームの印象の違いや、キャストそれぞれの演技や歌、演出、本編からカーテンコールを通して感じたことを紹介したルポの全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■推理ものを舞台で表現する難しさ。ややこしくなるところを白井演出でスマートに

■ダニエル物語A、アンダーソン物語B、激情型トライアングルC、理性型トライアングルD

■キラキラ輝いて常にフルスロットルの木村、エリートが落ちた闇の深さが怖い小野

■役者という仕事の凄さを見せつけられた加藤。ジャックは色気が尋常じゃない

■松下アンダーソン物語は切なすぎる。歌声と楽曲の親和性に胸が締め付けられ

■堂珍ジャックの人外感に恐れ慄き、田代モンローの笑い声は思い出したくない

■娼婦たちの、この街で生き抜くしかない、生きてやろうという力強さ

■個性が際立つカーテンコールの歌。歓声をあげられる状況になったらコンサートを

(上から)ジャック役の加藤和樹さんとダニエル役の小野賢章さん=撮影・田中亜紀
(上から)ジャック役の加藤和樹さんとダニエル役の小野賢章さん=撮影・田中亜紀

<ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』>
【東京公演】2021年9月9日(木)~9月29日(水) 日生劇場
【大阪公演】2021年10月8日(金)~10月10日(日) フェニーチェ堺 大ホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/jacktheripper2021/

<キャスト>

ダニエル:木村達成・小野賢章(Wキャスト)
アンダーソン:加藤和樹・松下優也(Wキャスト)
ジャック:加藤和樹・堂珍嘉邦(Wキャスト)
グロリア:May’n
ポリー:エリアンナ
モンロー:田代万里生

朝隈濯朗 伊佐旺起
石井雅登 齋藤桐人 常川藍里
水野栄治 森内翔大 りんたろう
碓井菜央 岡本華奈 熊澤沙穂
香月彩里 菅谷真理恵
ダンドイ舞莉花
永石千尋 橋本由希子

<スタッフ>

作曲:Vaso Patejdl
作詞:Eduard Krecmar
脚本:Ivan Hejna
演出:白井晃

翻訳:石川樹里
訳詞:高橋亜子
音楽監督:島健
美術:石原敬
照明:高見和義
音響:佐藤日出夫
衣裳:安野ともこ
ヘアメイク:川端富生
映像:栗山聡之
振付:原田薫
ステージング・アクション:渥美博
音楽監督補:松田眞樹
歌唱指導:林アキラ
演出助手:豊田めぐみ
舞台監督:小笠原幹夫

『ジャック・ザ・リッパー』 関連記事:

⇒すべて見る

木村達成 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

松下優也 関連記事:

⇒すべて見る

田代万里生 関連記事:

⇒すべて見る

白井晃 関連記事:

⇒すべて見る

(左から)アンダーソン役の松下優也さんとモンロー役の田代万里生さん=撮影・田中亜紀
(左から)アンダーソン役の松下優也さんとモンロー役の田代万里生さん=撮影・田中亜紀

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. きき より:

    正しく!!正しくそうなんです!!
    松下アンダーソンのあの切なさと嫌いになり切れていない気持ちを歌に乗せて表現する様は、本当に心打たれます。
    どう言葉に表していいか分からずにいたので、記事を読んでいてそう!そう!そう!!ってなりました。ありがとうございます。
    私も、優也くんの舞台の中で、1番2番になるくらいジャックザリッパーが好きになりました。
    他のキャストさんも素晴らしく観終わった瞬間の充実感、そしてストーリーが回収できる高揚感は、なかなか他の舞台で味うことはできないです。
    白井さんの演出がすごい。
    是非また再演して欲しいです。
    ジャックザリッパーコンサート、本当に熱望しちゃいます!!

  2. 真由美 より:

    記事を楽しく拝読しました。
    うんうんそんなのよね!と思う事や、そう言った考察も有るのかと新しい発見もさせて頂きました。
    韓国でも観劇していて、日本で上演されると知ってから本当に心待ちにしていましたが、想像以上の作品でした。千秋楽迄それぞれのチームもっともっと楽しみたいと思っています。
    是非再演して頂きたい『ジャックザリッパー』です!
    岩村さんのインタビュー記事はいつも興味深いです。
    素晴らしい記事をありがとうございました。
    岩村さんが司会をされるイベントでも参加した事有りましたが聞きたい事を聞いて下さって本当に楽しかった思い出が有ります。
    これからも楽しい記事楽しみしています!

  3. バーバラ より:

    加藤さんのファンクラブからチケットをお願いして4チームを1回ずつ拝見しました。皆さんの歌唱が本当に素晴らしくて感動しました。その感動を、きちんと文章でまとめてくださるアイデアニュースにも深く感謝しています。とくに、初めて生で聞いた松下さんの歌声が素敵でした。パンフレットをみて、アンサンブルの方々の立派な学歴や経歴がきちんと紹介されていることにも感動しました。コロナがおさまったら、日本の高いレベルのミュージカルを見に、海外からたくさんの方がみえることと期待しています。私も元気で長生きしなくっちゃ、です。

  4. りかりん より:

    ここまで中毒のようにハマり劇場に何度も通うとは…。(アンダーソンのコカイン中毒を責められません💦)自分では上手く表現できなかったジャック・ザ・リッパーの魅力を岩村様がしっかりと文章にしてくださってこんなに嬉しいことはありません。全面的に「いいね👍」状態です!特に加藤さんあの見事な2役には本当に毎回驚いていますし、田代さんの新しい魅力にやられっぱなしです。また一つ大好きな作品が増えました。即、再演して欲しいくらいです♡

  5. yc より:

    とても熱量のあるレポートで、観劇した時を思い出しました。すごい!としか言えずうまく言語化できなかった部分も細かく表現されていて、さすがプロ!と思いました。読み応えのある記事をありがとうございます。
    木村ダニエルと小野ダニエルの違いについてのご記載もめちゃめちゃ共感しました。
    コンサート、実現したらとても楽しそうですね!!再演の時にはあのカーテンコールで歓声をあげる1人になりたいなあ…と思いました。

  6. 藤娘 より:

    木村さんダニエル評の『常にフルスロットルで生きている』という一文に首がもげるほど頷きました。各チームへの愛に溢れ、“わかってる”人が書いているんだなと感じられる血の通った記事で、読み甲斐がありました!
    そして『ジャック・ザ・リッパー in コンサート』!確かにジャックの歌唱曲なんかはこちらも盛り上がりながら聴きたい!と思わせられました🥰実現して欲しいですね…!

  7. ゆうかし より:

    コンサート、まさにコンサートを熱望します。再演も希望しますが、それまでに皆さんの素晴らしい歌声と世界観をより多くの方に届けていただきたいです!

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.