音楽さむねいる(1) バルトーク 『二つの映像』より「花ざかり」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

音楽さむねいる(1) バルトーク 『二つの映像』より「花ざかり」

筆者: Koichi Kagawa 更新日: 2016年4月4日
連載:音楽さむねいる(1)

 

 

アイデアニュース・編集長の橋本正人です。4月からアイデアニュースの執筆陣に、Koichi Kagawaさんに加わっていただきました。Kagawaさんは、橋本の高校時代の合唱部の先輩で、外資系の金融機関で要職をつとめて世界各地を飛び回っておられます。オペラやオーケストラなどのクラシックを中心に、音楽のさまざまなシーンを観て、聴いてこられているので、アイデアニュースでその一端を紹介してくださるようお願いしました。「音楽さむねいる」と題して、月1回程度、執筆していただく予定にしています。今回はその第1回、バルトークの「花ざかり」です。宝塚歌劇ファンには「エリザベート」などでお馴染みの「オーストリア=ハンガリー 二重帝国」などの話も出てきます。ここから下はKoichi Kagawaさんの文章です。

 

  • 『二つの映像』(作品10、Sz.46:1910年)より第一曲「花ざかり」(※1)
    ベーラ・バルトーク(Béla Bartók:1881年3月25日-1945年9月26日)作曲
    推薦録音:アダム・フィッシャー指揮、ハンガリー国立交響楽団演奏(※2)

 

Koichi Kagawaの 音楽さむねいる

「Koichi Kagawaの 音楽さむねいる」のタイトル

 

多くの日本人にとって春を象徴するもの-それは万朶の花びらを競わせ、甘い香りを風に靡かせる桜ではないだろうか。長く大地を領した冬に別れを告げつつ、人々はその木々の下で宴を催し、歌い、踊り、待ちわびた陽春を祝福する。桜と共に寿ぐその春迎えの祭礼を、遠い昔からこの国の人々は、毎年春が巡って来るたびに至って律儀に執り行ってきたのである。春を主題とするクラシックの名曲を聴くと、花々と春を迎える喜びの気持ちは、日本人も外国人も共通のものであることが理解できよう。

 

■憂いに満ちたこの作品に、敢えて春を象徴する“花ざかり”という標題を立てたのは?

 

第二曲の「村の踊り」と共に『二つの映像』を構成しているこの「花ざかり」という曲も、その題名のみを一瞥すると、春を迎えるハンガリーの人々の歓喜のさまを、長調の旋律と軽快な調子で表現しているものと期待されても不思議ではない。しかし、バルトークはこの曲に、三音の反復や全音音階を一貫して使用し、おぼろげでかつ言い知れぬ不安を、聴くものの心に喚起しようとしているかのようである。それは、春を題名に冠した他の曲のような天真爛漫な喜びの調べではなく、厳寒の名残が張り付いた大地に浅き春を感じようとも、それを躊躇し、意識的に退けるかのような心の揺れである。バルトークは何故、美しくも重い憂いに満ちたこの作品に、敢えて春を象徴する“花ざかり”という標題を立てたのであろうか?

 

20世紀を代表する作曲家バルトークは、1881年3月25日、旧ハンガリー領のナジセントミクローシュ(現ルーマニア西部のスンニコラウ・マレ)で生まれた。元々ドイツ=オーストリアの古典派~ロマン派の強い影響下で作曲を始めた彼は、やがて同郷の作曲家ゾルタン・コダーイ(Zoltán Kodály:1882年12月16日-1967年3月6日)等とハンガリーやルーマニアの村々を歩き、その地域に残る民謡の採集に情熱を傾けていく。彼は採譜した民謡を分析し体系化すると共に、それらの編曲を通じて民族的な音律を自らの作品に取り込みながら、次第に独自の作風を確立していった。彼の作品は、西洋音楽の論理を基礎としながらも、五音音階に象徴される東欧の民俗音楽を随所に散りばめ、所謂「国際的=International」な流儀と「民族的=Ethnic」な語法を統合した点に特徴があると言えるだろう。それは、彼の民族意識の高さに裏付けられたものであり、ハンガリーという国の歴史事情を勘案しなくては到底理解が叶わないものである。

 

■自治権の獲得を目指す反政府運動が活発化した時代の空気を身にまとって

 

バルトークが青年時代を過ごしたハンガリーは、約150年に及ぶオスマン・トルコの支配から脱却し、ハプスブルグ家のフランツ・ヨーゼフ1世を皇帝に頂くオーストリア=ハンガリー二重帝国を構成していた。しかし、帝国はドイツ人が支配する西ヨーロッパ流の統治構造を基盤としており、ハンガリー民族独自の文化はその政治体制の下で抑圧されていた。そのことがかえってハンガリーの民族主義を高揚させ、自治権の獲得を目指す反政府運動を活発化させる土壌を形成したのも事実である。「花ざかり」は、まさにこのような時代の空気を身にまとって生み出されたのである。『二つの映像』を含む数々の個性的な作品を世に出した1910年から1920年代は、創作面においてバルトークの人生で最も充実した時期であったと言えよう。だが、二つの世界大戦によるヨーロッパ情勢の激動が、彼の運命を大きく揺さぶっていく。

 

第一次世界大戦の勃発により、既に困難が生じていた彼の民謡採集とその研究の芽は、終戦と共に二重帝国から分離独立したハンガリー王国がその旧領の大半を失ったため、ほぼ完全に断たれてしまった。また、ほどなくナチス・ドイツがヨーロッパ全土に支配権を拡大していくのを目の当たりにし、バルトークは苦悩の末、第二次世界大戦の勃発する2年前、1941年の秋にアメリカに亡命する道を選んだ。バルトークが経済的困窮の中、ニューヨークでその生涯を終えた1945年、第二次世界大戦の終結およびナチス・ドイツの崩壊により、枢軸国として第二次世界を戦ったハンガリーをソヴィエト連邦が占領。以後40年余に渡り、ハンガリーの国土は共産主義体制の下、引き続き厳しい冬に凍てつくのであった。

 

■祖国愛と民族意識が、秘められた情念として花々の姿に化体し、そして自然に朽ちていく

 

「花ざかり」は、低音の弦が重く、そしてゆっくりと刻む半音の上下動に乗せて、緩やかに下降していくクラリネットの音色で始まる。それは、かつて訪れた春浅き農村の情景であろうか、冬枯れの草原を遠く見晴るかした時、遥か彼方に突如、今を盛りと咲き誇る白い花の一群がバルトークの目に留った。荒涼たる野に不自然とも思える如くに咲いたその美しい花々は、彼の心を尋常ならず掻き乱す。それは、幾ばくもなく、戦車の轍によって蹂躙されることになる愛おしい祖国の運命を予言するからなのか、あるいは、バルトーク自らの晩年の悲劇を予感させるからなのだろうか。彼のそのただならぬ心騒ぎは、田園風景の一角に浮かび上がった美しい花々を中心に回転を始め、弦楽器が刻む一連の緊張と開放とを繰り返しながら高まっていく。しかし、その旋律は決して頂点には至らず、低く厳かな弦の響きを引き継いだ木管楽器の調べに乗せ、静かに遠くへと消えていく… あたかも、バルトークの強烈な祖国愛と民族意識が、決して燃え上がることはなく、秘められた情念として花々の姿に化体し、そして自然に朽ちていくさまを描いたもののように。

 

バルトークの数奇な運命の申し子である彼の楽曲の多くは、祖国ハンガリーの美しくも悲しい詩情を湛えた旋律に貫かれている。そこには、両大戦に翻弄されながらも自治独立を希求し続けたハンガリーの人々の、強烈な民族意識に根差したある種の黙会が垣間見える。それはあたかも、芽生えたばかりの春が恐る恐る地上に揺れ立とうとしていても、それを無残にも退け、再び霜枯れの野に押し戻す残冬の残酷さの如く、ハンガリーという国家を政治の具として弄んできた歴史の無情に対する民族の嘆き歌のようでもある。その旋律が美しければ美しい程、その嘆きは深く切ない。「花ざかり」に低く垂れこめる重い憂いはまさにその情調であり、過酷な運命を受け入れざるを得なかった村々の風景に対する、バルトークの鎮魂歌なのではないか。私が「花ざかり」に垣間見る風景はこれなのである。

 

 

<このコラムについて>

 

私は音楽を正式に勉強したものではなく、大学卒業以来ずっと外資系の金融機関に籍を置き、日々世界の金融情勢に一喜一憂している金融マンです。その私が、この紙面で音楽についてのエッセイを書く機会を頂いたのは、高校の一年後輩でアイデアニュース編集長の橋本正人さんからの一通のメールがきっかけでした。

 

Facebook上に、つれづれなるままに、好き勝手に音楽の感想文とも解説文ともつかない駄文を掲載していたところ、橋本さんからメールで、「アイデアニュースにコラムを書いてみないか」との打診がありました。私は、音楽を趣味で鑑賞するアマチュアの域を出ず、また文章も自己流であり、とてもアイデアニュースに掲載していただくようなものが書ける自信がなく、最初はお断りするつもりでおりました。

 

しかし、ドライな国際金融の現場に身を置いていると、逆に音楽に対する何とも言えない情愛が湧く瞬間が多々あり、その気持ちを何か形に残せるものはないか、と模索していたことも事実です。私は、音楽を楽理や演奏法の面から論じることや、また再現音楽を評論する技術は持ち合わせてはないけれど、あくまでも一好事家として、音楽そのものよりも、むしろ音楽の「周辺」を語ることで、読者の皆様に何か音楽の違った側面をご紹介できれば、と執筆を決意した次第です。

 

コラムの名前は「Koichi Kagawaの音楽さむねいる」としました。音楽評論家のコラムや解説文は「ライナーノート」と言われます。私はプロの評論家ではないため、それを使うわけにはいきませんので、何か代わりになるタイトルはないかと考えたところ、英語で寸評のことを「サムネイル・スケッチ」(thumbnail sketch)と呼ぶことを思い出しました。それでは少々長いので、「スケッチ」を外し、「サムネイル」だけを残し、少々含みを持たせるため、日本語で「さむねいる」としまた。サムネイルとは、thumbのnail、即ち親指の爪です。IT用語で、複数のイメージを並べてブラウズするための縮小画像のことを指すのはお馴染みだと思います。要するに、(親指の爪ほどの)「極めて小さいもの」ということになります。「音楽ショートショート」という感じで、私の個人的な音楽寸評を表すには良いネーミングだと思い、「さむねいる」を使うことにした次第です。

 

対象はクラシック音楽を中心とするものの、ジャズ、歌謡曲から日本の伝統音楽や宗教音楽などにも、適宜拡大していくつもりです。私の五感(聴覚以外にも、視覚、触覚、味覚、嗅覚!)を全開にして、色々な曲を様々な角度から語っていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

 

最後に、この機会を提供してくださった後輩であり、また、畏友でもある橋本正人編集長に御礼申し上げます。

 

 

<バルトーク「花ざかり」の動画>(アイデアニュース編集部が探したyoutube動画です)

 

 

 

<ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分>有料会員になると、過去の記事を含むすべての記事の全文をお読みいただけるようになります。

 

■楽譜理解とオーケストラ統率力の、ピエール・ブレーズ指揮ニューヨーク・フィルハーモニック

 

■楽譜にならない「音=オト」をも持つアダム・フィッシャー指揮ハンガリー国立交響楽団

 

■民族の「唄」を血の中に受け継ぎ、音譜一つひとつに宿らせ、表出させることができる能力

 

有料会員登録は  ⇒ここをクリック

 

 

音楽さむねいる 関連記事:

⇒すべて見る

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    

 

  • ※1 “In Full Bloom” from “Two Pictures”, Op.10 (Béla Bartók)
    ※2 BARTOK, B.: Romanian Folk Dances / Dance Suite / Hungarian Sketches / 2 Pictures (Hungarian State Symphony, Fischer) (Nimbus Records NI5309)
    ※3 Bartók: The Wooden Prince; Music for Strings, Percussion and Celesta; Dance Suite / Scriabin: Le poème de l’extase (Pierre Boulez) (SONY SM2K 64 100 ADD)

 

 

<筆者プロフィール>Koichi Kagawa/1961年徳島市生まれ。慶應義塾大学法学部、並びに、カリフォルニア大学バークレー校大学院卒業。経営学修士(MBA)。1983年大学卒業と同時にシティバンク東京支店に入行。以後、今日まで複数の欧米金融機関でCOO等要職を歴任。現在、某大手外資系金融機関に勤務。幼少期からクラシックからジャズ、古典芸能、果ては仏教の声明に至るまで、幅広い分野の音楽に親しみ、作曲家とその作品を取り巻く歴史的・文化的背景などを通じ、「五感で感じる音楽」をモットーに音楽を多方面から考え続けている。 ⇒Koichi Kagawaさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
■ 2017年12月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.