小池修一郎演出・早霧せいな主演『るろうに剣心』、新橋演舞場と大阪松竹座で上演へ | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

小池修一郎演出・早霧せいな主演『るろうに剣心』、新橋演舞場と大阪松竹座で上演へ

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2018年5月16日

 

ミュージカル界を牽引する作品を次々と発表している小池修一郎さん脚本・演出の作品が、「和の殿堂」とも言える新橋演舞場と大阪松竹座で上演されることが、2018年5月16日、発表されました。作品は、2016 年に宝塚歌劇団が初ミュージカル化した浪漫活劇『るろうに剣心』で、主演は宝塚歌劇団での公演時と同じ宝塚元トップスターの早霧せいなさんです。

 

浪漫活劇『るろうに剣心』第一弾出演者=写真提供・梅田芸術劇場

浪漫活劇『るろうに剣心』第一弾出演者=写真提供・梅田芸術劇場

 

 

「るろうに剣心」は、1994 年に週刊少年ジャンプで連載開始後、シリーズ累計発行部数 6000 万部を超える大ヒットとなった人気コミック。1996 年にアニメ化、2012 年には実写映画化され、2016 年に宝塚歌劇団が初めて舞台化しました。

 

2018年10月から11月にかけて新橋演舞場と大阪松竹座で上演される浪漫活劇『るろうに剣心』の第一弾出演者としてこの日発表されたのは、早霧さんのほか、上白石萌歌、廣瀬友祐、三浦涼介、上山竜治 / 松岡充、ほかのみなさん。音楽監督は、宝塚歌劇団の太田健さん。主催・製作は、松竹と梅田芸術劇場。企画は梅田芸術劇場です。

 

<あらすじ>
舞台の中心となるのは、明治 11 年東京、薫風の章。血に染まった剣を封印し、逆刃刀を手に流浪人となった男 ― 緋村剣心と「人を活かす剣」を信じる真っ直ぐな瞳の少女―神谷薫が出合う。人を守りたかった少年が、何故人斬り抜刀斎という修羅となったのか。その男が何故不殺の流浪人となったのか。大切な人達と出会いながらも、罪の答えを探す剣心の苦しみは続く…。幕末の動乱を生き抜いた者達の、新たな戦いが始まる。

 

 

<浪漫活劇『るろうに剣心』>
【東京公演】2018年10月11日(木)~11月7日(水) 新橋演舞場
【大阪公演】2018年11月15日(木)~11月24日(土) 大阪松竹座
チケット発売開始:2018年7月28日(土)
お問い合わせ:梅田芸術劇場(10:00~18:00)
〔東京〕0570-077-039  [大阪]06-6377-3800

 

 

小池修一郎 関連記事:

⇒すべて見る

 

早霧せいな 関連記事:

⇒すべて見る

 

松岡充 関連記事:

⇒すべて見る

 

廣瀬友祐 関連記事:

⇒すべて見る

 

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースのおもな新着記事などを、お知らせします。だいたい月に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年5月掲載分
■ 2018年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.