「ふたりの関係があるからこその」、大貫勇輔・三浦涼介(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「ふたりの関係があるからこその」、大貫勇輔・三浦涼介(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年9月25日

2022年9月25日(日)から9月30日(金)まで東京・Bunkamuraオーチャードホールで、10月7日(金)から10月10日(月・祝)まで福岡・キャナルシティ劇場で上演される、ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』に、初演に引き続いてケンシロウ役を演じる大貫勇輔さんと、再演からの参加でレイ役を演じる三浦涼介さんのインタビュー後編です。

「下」では、実際に親しい二人が役の上でもケンシロウとレイという親友関係を演じること、ケンシロウとレイがお互いどこに惹かれあって友情を育んだかというお話、レイのシーンが増えたことによる変化、今回の公演へのそれぞれの想いなどについて伺った内容と、お客様へのメッセージを紹介します。

大貫勇輔さん(右)と三浦涼介さん=撮影・岩村美佳
大貫勇輔さん(右)と三浦涼介さん=撮影・岩村美佳

(インタビューは9月中旬に実施しました)

ーー役者としてお互いに向き合ってみて、いかがでしたか?

大貫:りょんが情熱的な人間なことはわかっていましたが、こんなにも乗り移ったようにお芝居するんだなと、びっくりしました。本当に復讐の鬼と化すんですよね。レイが死ぬ間際には、ラオウのセリフでも「あの目、哀しみに満ちた、愛か。」と言うのですが、本当にそういう感じなんですよ。哀しみに満ちた、でもその先にあるものは愛みたいなものの目が、三浦涼介の目であり、レイの目でもあり、それはお芝居していて胸を打たれる、本当に心地いい時間です。お芝居をしなくても、自分でエネルギーを生み出さなくても、彼の芝居をただ受けているだけで、ケンシロウになれるというか、必要なものがわかってくるというか。

三浦:僕自身の性格なんですが、やっぱり「初めまして」というところからお芝居をしはじめると、奥に相手を見てしまうんですよ。役というか、その人の本心みたいなところを捉えるまでに、役とは別のところで、すごく緊張してしまったり。本当はもっとコミュニケーションをとってお芝居できたら、よくなることがたくさんあるんだろうなと思いながら、こういうご時世を理由にしてしまって、なかなかコミュニケーションが取りづらかったりするんです。

そういうところがなく一緒に芝居できることほど、ありがたいことが僕にとってはない、こんなに嬉しいことはないというか。だから、僕は最初から最後まで、ケンシロウとして生きている大貫さんを感じながら、自分が与えられたレイとして生きられる時間、ポイントを、確実に渡したいし受け取りたい。そこを、素直にやらせていただいているので、安心しきっています。

ーー実際の親友でもあり、役としても親友を演じるということは、スムーズにできるものですか?

大貫:やはり人間と人間との、目に見えない、いろんなものを経験してきたということは、役に投影できると思うんですよね。それは人間関係もそうですし、出会った役によっても人生が豊かになったり、人間としても成長するように、人生が豊かだからこの役ができるということもあるし。その両方があると思うんです。だから、ふたりの関係があるからこその、お芝居ができているなというのは感じます。

三浦:僕は、カッコつける部分がないんですよね。全部見せてきちゃったから、芝居していてもどう思われるんだろうと考えないことが、あまりない経験だから、何でもいいやというか。とりあえず投げてみて、受け取ってくれたものを渡してみて、僕も受けられることを全部精一杯受けようと思える。

初めての経験だなと。やっぱり、どこかカッコつけてしまうというか、こう思われたらどうしようとか、相手を好きゆえに、すごく考えてしまうことが多いですが、それがないですよね。もう、本当に親みたいな感じ。僕のほうが年上なのに(笑)。家族みたいですね。

ーー初めての芝居を交わす共演が、親友役というのはすごい巡り合わせですね。ケンシロウは、出会う人たちからいろいろと受け取って成長していきますが、特にミュージカル版において、レイとの物語が大きく描かれていると感じます。ケンシロウとレイは、お互いのどこに一番惹かれあって友情を育んだと考えていますか?

大貫:二人とも、愛というものを求めて戦い続けているのですが、レイは復讐を選び、ケンシロウはどこかで復讐を望みつつも、目の前に出会った人を大切にするというか、その人から受けたものを選んできた。

レイはそれを否定し拒絶し続けてきたけれど、ケンシロウはある種受け入れ続けてきたというか。ケンシロウは出会った人間が、たまたま良かったのかもしれないですが、そういう別の生き方をしてきた二人が出会ったことでレイは変化して、生き方が変わっていった。

そして、レイが死ぬ瞬間に、ケンシロウは彼からいろんなことを学び覚醒していきます。陰と陽じゃないですが、そういう生き方の二人なのかなと。でも、中にあるものは一緒というか。

三浦:石丸さんと最初にその話をしたんです。初演ではなかなか難しくて見せられなかったところを、プラスしたシーンを含め、明確に二人の関係というか、考え方や想い、今まで生きてきた過程みたいなことが重なった瞬間が、ちょっとでも見えれば素敵だと思うという話を受けてから稽古に入れました。そこを頭に入れて稽古できたので、割とスムーズだったと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、レイのシーンが増えたことによる変化、今回の公演へのそれぞれの想いなどについて伺った内容やお客様へのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■三浦:ケンシロウからもらった愛情を、いかに深く彼に返せるかを表現したい

■大貫:レイの意志は、ケンシロウの胸に刻まれた傷跡のように引き継がれたのだと

■三浦:稽古場で、「やっぱり、あれだけやったら伝わるよな」と感じている日々

■大貫:今回、作品におけるケンシロウの正しい生き方について、考えを改めている

<『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』>
【東京公演】2022年9月25日(日)〜9月30日(金) Bunkamuraオーチャードホール
【福岡公演】2022年10月7日(金)〜10月10日(月・祝) キャナルシティ劇場
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/musical_fons2022/

『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』 関連記事:

⇒すべて見る

大貫勇輔 関連記事:

⇒すべて見る

三浦涼介 関連記事:

⇒すべて見る

※大貫勇輔さんと三浦涼介さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月24日(月)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

大貫勇輔さん(右)と三浦涼介さん=撮影・岩村美佳
大貫勇輔さん(右)と三浦涼介さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. あめにゃん より:

    観劇後、また読ませていただいています。
    親友どうしだからこその、安心してさらけ出せた貴重な親友役だったのですね。
    おふたりの場面はずっと心に残っています。
    三浦さんの演技にびっくりなさる大貫さんを知れて嬉しいです。
    あと三浦涼介さんのお写真が、お顔の角度などが完璧に美しくて、見惚れてしまいます。ありがとうございます。

  2. 有沢 より:

    上下読ませて頂きました。福岡公演観劇した後に呼んだのですが、
    上で、大貫さんと三浦さんの親しい間柄がわかるインタビューでした。下で大貫さんや三浦さんの演じるにあたっての思いやカンパニーの団結力を感じられて良かったです!
    中国公演も期待しています!

  3. U・S・O より:

    (上での感想から続きます)
    福岡の大千秋楽の後日、重ねた観劇を思い出しつつ、再び記事を拝読させて頂きました。
    もうこのようなコンビは2度と出てこないかもしれない‥そのような思いが過り、いや‥2度、もっと何度もあってほしい‥お二人の再共演を切に願ってやみません。
    素晴らしい時間と空間を共有させて頂きありがとうございました。
    観劇の体験が深まる記事をありがとうございました。

  4. もといけ より:

    後編も素敵な記事をありがとうございます!
    お二人の言葉を読んでいると、お芝居をするって役を身に纏うのではなくて、相手と関わりながら奥まで見通し見通され、与えて与えられて役を生きているのだなと、色々な人になれる役者さんへの尊敬がより深まりました。
    観劇してから数日経ちますが、まだ北斗の拳の世界から抜けきらなくて、色々な人物のことを思い出しては涙が出そうになります。たくさんの想いを伝えてくれる、熱く素晴らしい作品でした。

  5. まりな より:

    素敵なインタビューをありがとうございます!
    東京公演観劇前にこの記事を拝見し、東京公演終了後にまた読み返しました。
    舞台上でケンシロウに想いを託すレイの姿、目に焼き付いています。
    素晴らしい舞台をありがとうございました!
    福岡公演も無事に駆け抜けられますように。

  6. シイナ より:

    観劇してから読みました。
    レイの描かれていない過去も三浦さんのお芝居で充分伝わってきて切なくなりました。ケンシロウが皆の想いを背負った無双転生には圧倒されました。
    三浦さんや大貫さんが、どのような思いで作り上げてきたか、記事で確認できて満足です!

  7. おーしゃん より:

    お2人の仲の良さ、お互いに向ける尊敬や信頼が伝わる素敵なインタビューでした。
    この記事を読んでから見た舞台の上のケンシロウとレイには、しっかりと絆が見えました。

  8. EMAxEMA より:

    本日、「北斗の拳」再演の初日を見てきました。新たに追加されたシーンだけでなく、これまであったシーンも細かく台詞や歌詞が変更されていて、よりしっかりとレイの思い、ケンシロウの思いが伝わってきました。
    お二人の演技の裏には、大貫さん、三浦さんご本人同士の素敵な関係もあったんですね。
    この記事を拝見して、また更に舞台の見え方が変わりそうです!

  9. セイヤーズ より:

    インタビュー後半も充実した内容でじっくり読ませていただきました。
    出ていない場面でもその人がどんな風に生きてきたかを感じる三浦さんの芝居!間もなく観られることが楽しみです。また、再演だからこその大貫さんの変化のお話にも強く興味を引かれました。そして何より大貫さんが仰っていた「全員が主演」な石丸さんの演出が大好きです。ちょっと蜷川さんを思い出しました。観客として、できるだけ沢山のものを受け取りたいと、ちょっと緊張しながら、期待いっぱいの気持ちで会場に向かいます‼️

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.