「体格やタフな外国人みたいな感じが似てる?」、小野田龍之介&上山竜治対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「体格やタフな外国人みたいな感じが似てる?」、小野田龍之介&上山竜治対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年11月4日

 

2019年11月6日(水)から2020年1月13日(月・祝)まで、IHI ステージアラウンド東京にて上演される、ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』〔日本キャスト版〕Season1に、リフ役でダブルキャストで出演する、小野田龍之介さんと上山竜治さんの対談後半です。2019年9月まで上演されていた『レ・ミゼラブル』のアンジョルラス役、今回の『ウエスト・サイド・ストーリー』のリフ役と、同じ役を続けて演じるおふたりに、お互いについて語っていただきました。

 

小野田龍之介さん(写真左)と上山竜治さん(写真右)=撮影・岩村美佳

小野田龍之介さん(写真左)と上山竜治さん(写真右)=撮影・岩村美佳

 

 

――『レ・ミゼラブル』アンジョルラス役、今回のリフ役と、2役続けて同じ役で、ほぼ1年ぐらいご一緒することになりますよね。しかも、一緒には出演しないという。

 

上山:この1年間、一緒には共演してないですからね。

 

小野田:そうだね、芝居をしてないんだよ。

 

上山:同じカンパニーで、同じ楽屋にはいるけど。

 

小野田:そうだよ、そういうことだ。

 

――むしろ役者同士ぶつかることは一切ないけれど、逆にお互いのことはよくご存じかなと。

 

小野田:いや、多分よくご存じでもないと思いますよ。一緒にいないですから。本番が始まると、終わるぐらいに現れて、常にお互いの安否確認みたいな。

 

――元気でやってるな、というような?

 

小野田:僕が「今日、大丈夫?」と聞くと、上山君が「大丈夫。じゃあ、行ってらっしゃい」。次、僕が昼公演だと、上山君が「今日、大丈夫だった?」と聞いて、僕が「大丈夫。じゃあ、頑張って」と送り出す。

 

上山:そう、だから、ふたりとも基本元気。喉も大丈夫ですし、基本大丈夫。「おー! イェイイェイ!」と言って。

 

――稽古ではご覧になっていると思うので、それぞれの役や作品への取り組み方で、お互いに「この人は自分にはないものを持っているな」と思うことはいかがでしょうか?

 

上山:龍之介は、ミュージカル・サイボーグと呼んでいるんです。本当にもう、すぐできてしまうんですよ。振りを付けられたらすぐにできますし、芝居も台詞も動きも付けられたら、すぐにできちゃう。「え!? 昔からやってた?」みたいな。アンジョルラスの時もそうでした。本当に、何で?

 

小野田:いやいや、全然。僕はすぐにできるとは思っていないですよ。「できないな」と思って毎日やってます。「なんか上手くいかないな」と思って。

 

上山:本人はそう言うんですよ。「大丈夫だった?」って聞いてくる。

 

小野田:僕、すごく不安症なんです。同じ役をやっているから、結構聞くんですよ。「今日大丈夫だった? 合ってる?」って。

 

上山:「お前は完璧だ。もういい、もう大丈夫だ」と言いました。

 

小野田:それしか言わないから。「なんだよ!」って。そういう感じのやり取りが多いですね。

 

上山:本当にすごいですね。何でそんなにすぐできちゃうんだろうって。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『レ・ミゼラブル』と『ウエスト・サイド・ストーリー』でおふたりが同じ役を続けてダブルキャストになるということで、何か通じるところがあるのかというお話など、インタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■(上山さんについて)小野田:すごく真面目。理屈をしっかり考えるタイプ

 

■(おふたりが通じるのは?)上山:自信過剰。小野田:誰が自信過剰やねん!

 

■小野田:360度、本当に街並みがある。そこに生のミュージカルの息遣いが

 

■上山:日本キャストのチャーミングさ。The Jetsの子供っぽさを楽しみに

 

 

 

 

<ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』Season1>
【東京公演】2019年11月6日(水) ~ 2020年1月13日(月・祝) IHIステージアラウンド東京
公式サイト
https://www.tbs.co.jp/stagearound/wss360_1/

 

<関連リンク>
小野田龍之介 twitter
https://twitter.com/RyunosukeOnoda
小野田龍之介 instagram
https://www.instagram.com/ryunosuke_onoda/
小野田龍之介 Official Fanclub 「Onoda Land」
https://fan.pia.jp/ryunosuke.o-fc/
上山竜治 official site
https://kamiyamaryuji.com
上山竜治 キューブ
http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/091.html
上山竜治 twitter
https://twitter.com/ryuchan_0910
上山竜治 instagram
https://www.instagram.com/kamiyama_ryuji_0910/

 

 

『ウエスト・サイド・ストーリー』 関連記事:

⇒すべて見る

 

小野田龍之介 関連記事:

⇒すべて見る

 

上山竜治 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※小野田龍之介さんと上山竜治さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月3日(火)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

小野田龍之介さん(写真左)と上山竜治さん(写真右)=撮影・岩村美佳

小野田龍之介さん(写真左)と上山竜治さん(写真右)=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額450円

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. HTMMS より:

    小野田さんと上山さん、どちらのアプローチも興味深く 演者としての苦悩を垣間見た気がします。
    まさかレミゼ期間中からダンスレッスンをしていたとは思いもしませんでしたが、それをキャスト発表後も口外することなく静かに熱く役を生きようとしてくれる2人に いち観客として感謝しかありません。
    今後も注目していきたい2人です!

  2. みみミ より:

    対談上下ともに興味深く拝読させていただきました。ありがとうございます。

    初日に観劇しましたが、確かにUSJのアトラクションのような今までのWSSには無いわくわく感があって楽しかったです。
    リフのトニーと接するときだけ本当に弟のような子供らしい部分が出るギャップが好きです。
    次回はリフとトニーの関係性に注目して観ようと思います!

  3. まさ より:

    龍之介さんの歌、ダンスとても楽しみです。
    いつも感動し、元気をもらってます。
    今回は小2の息子も一緒に観に行きます。
    息子はメリーポピンズ以来の観劇。とても楽しみにしています。
    親子で楽しみにしています。
    頑張ってくださいね。


最近の記事

■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.