純粋と艶、怒りと冷静、痛みと温かさ…『マタ・ハリ』3役6人の7パターンを観て | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

純粋と艶、怒りと冷静、痛みと温かさ…『マタ・ハリ』3役6人の7パターンを観て

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年7月9日

ミュージカル『マタ・ハリ』が東京公演を終え、2021年7月10日(土)から7月11日(日)まで、愛知・刈谷市総合文化センターアイリス大ホールで、16日(金)から20日(火)まで、梅田芸術劇場メインホールで上演されます。実在の女スパイであるマタ・ハリの愛と悲劇をフランク・ワイルドホーンの名曲で綴る韓国発のミュージカル。彼女をスパイへと導くフランス諜報局ラドゥー大佐、マタ・ハリに任務で近づきながら本当に愛するようになるアルマン。マタ・ハリと、ふたりの男との出会いが、物語を動かしていきます。物語の主要な人物だけでなく、戦場の無名兵士や、帰りを待つ女たちなど、ひとりひとりの人生にも光が当たる、極限の世界で必死に生き抜く人々の生き様に、胸が熱くなります。

(左から)柚希礼音さん、愛希れいかさん、加藤和樹さん、田代万里生さん、三浦涼介さん、東啓介さん=撮影:岡千里
(左から)柚希礼音さん、愛希れいかさん、加藤和樹さん、田代万里生さん、三浦涼介さん、東啓介さん=撮影:岡千里

2018年の日本初演から拝見していますが、今年の再演では、主要3役のダブルキャストによる違い、8パターンある組み合わせによる違いが、それぞれに面白く、東京公演で7パターンを拝見しました。名古屋公演では3パターン、大阪公演では8パターンの組み合わせが上演されます。今回は組み合わせによる違いにも触れてレポートしたいと思います。マタ・ハリ役は柚希礼音さんと愛希れいかさん、ラドゥー役は加藤和樹さんと田代万里生さん、アルマン役は三浦涼介さんと東啓介さんが演じています。

2018年に初演されたときは、マタ・ハリを演じた柚希さんの宝塚退団後のまさに当たり役と言える素晴らしい熱演、加藤さんが回替わりで対照的なラドゥーとアルマンを演じていること、大役に抜擢された東さんの歌声の魅力と若さ溢れる瑞々しさなど、初めて観る作品自体の引力に加えて、様々な驚きが印象的な記憶として残っています。開幕後評判を聞きつけて訪れる方々、リピーターが増え、チケットがどんどん無くなっていきました。そんな初演時から、待ち望まれた再演が発表になった今年。さらなる驚きの配役で、どんな世界を観ることができるのか楽しみが増えました。

そして開幕した再演では、新しい『マタ・ハリ』が生まれていて、興奮と衝撃でさらに引き込まれました。再演のハイライトは、初演キャストが役を深め進化させたことと、新キャストが役の新しい顔を生み出したこと。同じ役でこんなに違うのかと驚くとともに、物語はそれぞれに見事に成立していて、むしろ作品の魅力が増してることが嬉しくなりました。プログラムやご自身のSNSなどで言及されていますが、演出の石丸さち子さんが、キャストにあわせた演出をされた結果だと思います。

そして、8パターンの組合せによる違いを、カンパニー側が見どころとして押していることも新しいと思いました。最近の演目は、複数キャストでも、チーム制や固定の組み合わせのことも多いですが、これだけ違う役作りをする(動きもさまざまに違う)ダブルキャストが、日々入れ替わり、セッションを楽しむように芝居をする。しかも、全公演を通して3回しかない組合せが多く、敢えて挑戦的な企画だと思います。

『マタ・ハリ』は、「マタ・ハリ×ラドゥー」「マタ・ハリ×アルマン」「ラドゥー×アルマン」というふたりが相対する濃い人間関係が3つあります。その3人が絡み合う人間模様を描いているので8パターン生まれることになります。3人が同時に舞台上に立つのは、2幕後半でそれぞれの思いをモノローグ的に舞台上で同時に歌うナンバー「あなたなしでは」と、2幕ラストの山場の場面のみ。ふたりでの場面がそれぞれに積み重なった終着点として、3人が揃うという構造も面白いです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、レポートの全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

■可愛らしさと強さとの対比が印象的な柚希、艶やかで肝が座って格好いい愛希

■任務最優先で怒りが印象的な加藤、超エリート将校が想定外に狂う田代

■這いつくばって生きてきた痛みの三浦、温もりと無邪気さが母性をくすぐる東

■ぶつかり合う2人の関係は3役6人で12組。それぞれの印象をひとことで言うと…

■最も対極的なのは、陽×3の「柚希・田代・東」と陰×3の「愛希・加藤・三浦」

■マタ・ハリへの深い愛を滲ませる春風、男たちとの関係への想像を膨らませる宮尾

■“普通”がなんと幸せなのかを知った今の時世、3年前と違う「普通の人生」が響く

<ミュージカル『マタ・ハリ』>
【東京公演】2021年6月15日(火)~6月27日(日) 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)※この公演は終了しました
【愛知公演】2021年7月10日(土)~7月11日(日) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
【大阪公演】2021年7月16日(金)~7月20日(火) 梅田芸術劇場メインホール
公式ホームページ
https://www.umegei.com/matahari2021/

『マタ・ハリ』 関連記事:

⇒すべて見る

柚希礼音 関連記事:

⇒すべて見る

愛希れいか 関連記事:

⇒すべて見る

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

田代万里生 関連記事:

⇒すべて見る

三浦涼介 関連記事:

⇒すべて見る

東啓介 関連記事:

⇒すべて見る

宮尾俊太郎 関連記事:

⇒すべて見る

工藤広夢 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミュージカル 2021年5・6月号(新品)
価格:1000円(税込、送料別) (2021/7/9時点)


全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. のの より:

    私も愛希×加藤×三浦の3陰のパターンが1番好きです^_^
    それぞれの印象のひとことも興味深いのでこれからの観劇の参考にしようと思います。

  2. 753 より:

    7パターンご覧になられたとは、実に羨ましいです。
    自分は二度劇場で一度配信で観ましたが、演者それぞれ魅力が引き立っていて、何度でも、どの方のでも観てみたいと思わされました。

  3. のこ より:

    詳細なルポ、ありがとうございます!
    全組み合わせはなかなか観られないので、岩村さんの記事で深いところまで感じ取ることができて嬉しいです。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.